2013年11月22日 (金)

あなたは、天狗界の人だ。。。

若い頃、当時、知る人ぞ知る、ある直感能力者に

「あなたは、天狗界の人だ。あなたは、自分はつまらない人間だと

思って生きるくらいがちょうどいい」と言われた。

確かに、この人と会った20代前半、異常な自信をもって生きてた気がする。

「コーヒーを濾す漏斗のようなものだ。

コーヒーを入れて、お湯を注ぐには、漏斗は開いていなければいけない。

でも、あなたの漏斗はせっかく大きな漏斗なのに、

自分を過信して、天の力なんて必要ないというように、漏斗を閉じてしまっている。

自分の力なんて大したことはないと、

自分を過信することなく、天に感謝して生きれば、

自然に漏斗が開いて、開けば、何もしなくても、

天からいくらでも運をもらえる。

あなたとは逆に、菩薩界の人もいる。これもよくない。

自分に自信がなく、罪悪感がいっぱいで、

自分を犠牲にして、人に貢献することばかりやってる。

身を削ってまで、人に尽くしている。

これでは、自分を大切にしている、愛していることにならない。

こういう人も、漏斗を閉じている。

自分には価値がないと思っているから、

天から運をいただくに値しないと思っている。

漏斗の大きさは、人それぞれ、

小さくても、丸く開いていれば、

それだけ天が与えてくれるものを受け取れる。

しかし、いくら大きくても、閉じていては受けることができない。

天は、開いたときだけ注ぐのではない。

天は、雨のように、いつも注いでいる。

あなたはただ、開くだけでいいんだよ。。。」

僕は、20年以上前に聞いた彼の言葉が未だに響いている。

改めて人生を振り返りながら、

過信があったときは、やはり運から遠ざかっている。当然だ。。。

かといって、いまは、つまらない人間だと思ってはいない。

そのことを言われたとき、とてもショックを受けた。

それから数年は、結構それを意識して、生きたものだ。

でも、逆に、自信を喪失した部分もいくつもあって、

行ったり来たりしながら、ここまで来たような気がする。

漏斗を丸〜く、大きく開く。。。

ただそれだけで、人生は、まさに、開かれる。。。

これなら天狗でもいいけどね。。。笑

Photo_3

11月 22, 2013 心と体 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

カラダにフォーカスする理由・・・

Facebookには、結果的に、リンクしているので、UPされるんだけど、
ブログに書くというのは、もっと思っていることを語りやすい。。。

それは、興味ある人しか、わざわざリンクまで飛ばないから。。。
Facebookのウォールだと、そのままダイレクトに見るからね・・・
ブログは、自分の場所、自分の空間って感じがするけど、
Facebookは、公共の場、噴水のある町の中心広場で、
自分の思ってることをシェアするみたいな感覚がある。

もちろん、自分と繋がっている人は、友達申請をOKしている人か、
僕のウォールをフォローしてくれている人たちだけだけど、
僕は、自分からリクエストすることがほとんど無いので。。。
基本的には、Facebookで何語ってもいいハズなんだけど、
やっぱ、自分の場所で、こっそり語りたい話もあるしね。。。笑

それと、Facebookでは、あんま長く書けないよね。。。
まあ、それでもいいんだけど、今後は、ブログを見直してみよう。。。

そんなわけで、ここのところ雨や風の相当強い日以外はずっと走っていて、

それは、走らなきゃとか、カラダを鍛えようとしているわけではなくて、
カラダの要請に従っているだけなんだけど、

もし、サーフポイントの海が近くにあれば、
走るよりも、ほぼ毎日、朝イチにサーフィンするんだろうけど・・・
そうもいかないので、走ってるのかな・・・
まあ、走るのは、ちょっと違うんだろうけど。。。

で、なんでそんなにカラダが求めるんだろうと考えてた・・・

走るのも、それなりの距離があって、5キロくらいのジョギングなら軽いんだけど、ほぼほぼ、10キロ〜15キロ、走るときには20キロ以上も走ってる。
カラダ的には、すごく快適なんだけどね・・・

20キロ越えの時は、ほどよい疲れがまた気持ちいいんだけど。。。
それで、普通に仕事もするわけです。。。

いま、意識的シフトがこの世界に起こっていているというのは間違いなくて、
これは、いまの科学でどうしようも説明ないんだけど。
それに、ここは、僕の空間だから、それについて、どうこう言われても知らないんだけど。。。笑

時空間もシフトしている。いや、シフトし続けている。
まあ、これは、宇宙が始まって以来、ずっと前からシフトしてきた結果だろうけど、
そして、どうも、宇宙で僕たちがいる世界がひとつだけど思っている人がほとんどなんだけど、
実は全然そうではなくて、僕たちに時空間よりも遙かに進化して、
次元上昇してしまった人と言えるのか、存在と言った方がいいね・・・きっと、

そういう次元世界が無限にある。
この無限というのは実は、言い方が難しいんだけど、

僕たち人間の領域からすると、無限に見えてしまうんだよね。。。どうしても、
でも、かなり次元が上昇していくと、まあ、意識が拡張していくと、
その無限に見えるものも、もう少し段階的に見えてくんだろうけど・・・

なぜ、そう言えるかっていうと、平地にいたら、遠くは、近くにある大きな建物や山なんかがあると
その先が見えないんだけど、高いところに登ると全体が見えるように、
こういう象徴原理が、拡張次元でも同じように作用していると考えられるからだね。

まあ、今はこの話はいいんだけど、

で、この世界が以前よりもかなりシフトして行っているのはいいんだけど、
その分、意識が開きやすくなってきている。

いわば、空間が変わってきているわけだ。。。

山登りでは、高度を稼ぐと、酸素が薄くなるように、
逆に、深く下がっていくと気圧が増してくるよね。
すると、酸素が濃くなるから、火が点きやすい、燃えやすいということになる。
こんな感じの逆なんだけど、次元空間が上昇していくと、意識的世界が繋がりやすくなってくるわけだ。

だから、多くの人が、インスピレーションを受けやすいし、
これまで、チャネリングとか、霊感みたいなシャーマニックな能力が、
一部の人の特別なものだったんだけど、

実は、いま、多くの人が、それに近い感覚になってきていると・・・
でも、やっぱり、それはあんまり過去に経験が無いから、
慣れないためだね。。。いわゆる、現世的な空間感覚になれているので、
雑音、ノイズの中で、感じにくかったり、キャッチしにくかったりする。
聞こえてるはずなのに、感性が鈍っていて、感じにくい。
さらには、無意識に感じないようにしているとかね。

また、逆に、何か感受性が高まって、そういうものをキャッチするようになった人で、
現実の世界にストレスを貯め込んでいる人は、
こういう世界の扉が開くと、あっさりそっちの世界にはまってしまって、
現実世界を忘れてしまいがちだ・・・

そんなわけで、いまだからこそ!
カラダ=物質世界に意識を向ける必要があると思ってるんだ・・・

例えば、軟弱な地盤の上に建物を建てると、建物は傾いたり、崩れてしまうように、
まず、上にものがしっかりと建てられるように、地盤をしっかり固める。
低い次元からがっちりとさせないと、その上に、ものは建てられないと・・・

つまり、現実的世界、カラダ=物質世界をしっかりと創造しないと、
意識的世界ばかり進行すると、バランスに欠いていくわけで、
妄想の虜になってしまう危険があると言うこと・・・

マズローの5段階欲求と同じで・・・生理的欲求から満たしていき、
安全の欲求、帰属の欲求、承認の欲求、自己実現と・・・
その土台となるベースがないと、自己実現はできないわけです。

だから、カラダを見つめ、本来のカラダの健康を取り戻し、活性化させて、
さらに、エゴを見つめて、生命体として最低限必要なエゴだけにして、
そうして、基礎ができたら、自然にそこに立ち現れてくるものがあると。。。
僕は、考えている。

つまり、何かをやろうとしなくても、礎ができれば、そこに本来あるべきものが立ち現れてくると。。。

準備ができたら、師が現れる・・・それと同じ。

どんなに、こんなことしたい、あんな風になりたいって、イメージばかり膨らませても、
結局、礎ができてみたら、それは本当に自分が望んでいたことではなかったと気づいたりするわけだ。。。

そんなわけで、僕はいま、あらためて身体にフォーカスしているということだね。。。

4月 7, 2013 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

走ることが楽しくて仕方なくなってしまった理由。。。

ここのところ走ることが楽しくて、走らない日がないことになってしまった。。。

最近、◎◎ちゃんが、LSDやってるらしいよ〜って言うので!

なぬ〜マジかっ!サイケデリックスかっ!?と驚いたんだけど、

ぜんぜん違って、LSD=Long Slow Distanceという考え方、哲学?らしく、

長い距離をゆっくり走るというドイツからの考えみたい。。。

おお〜まさしく僕の走り方。ではないか。。。

僕は、マラソン大会に出るつもりはなくて、今のところ・・・

それを目標に走っていない・・・

実は、単なるダイエット目的でいつも走っていたんです。。。

それが、いつの間にか身体が、走るようにできあがってきて、

次第に、長距離が苦で無くなって、それでスタスタと走っているわけです。

僕の走り方は、スタートからいきなり走りません、、、

最初の5分は必ず歩きます。少し積極的に歩く。

5分くらい過ぎたら、本当に小さな歩幅で走り出します。

でも、歩くのと大して変わらないくらいから、徐々にペースを上げていきます。

僕は、ナイキのiPhoneアプリを使っているので、

イヤフォンで、何分経ったとか、何キロ走ったとか、1キロ何分のペースだとか

随時教えてくれます。

それで、スタスタと走ってると、大体、2キロになる頃には、

気がついたら、歩幅も次第に、少し広くなってきます。

ペースも1キロ6分〜7分くらいです。

その後3キロになる頃に、大体5分〜6分の間に上がってきます。

ここで大事なのは、ペースを上げるのでは無くて、ペースを落として、

敢えて、1キロ6分くらいのペースにしていきます。

でも、距離が伸びるに従って、どうしても5分前後になってくる。

そうなったら、自分のその時のコンディションで、自然なペースをみつけて、

ちょっときつく感じたら、ペースを落とすようにすればいいといい感じ。

こうやって走り始めると、心拍数も徐々にゆっくり上がっていくので、

呼吸や胸が苦しいということはないのです。

でも、初心者の人は、脚の筋肉に乳酸が溜まって、筋肉痛やだるさ、

ひざや股関節、脚の痛みが出て来るかもしれません。

だから、初めて走るという人は本当に無理しないで、

3キロくらいを歩くことから始めたらいいと思います。

やはり、それなりに距離に耐える筋肉も必要です。

関節が痛くなるのは、走る時の関節への負荷に対して、関節を支える筋肉がついていないから。。。

だから、少しずつ筋肉もつけていかないと、距離も走れません。。。

そんなことで、僕も気がついたら、毎日10キロから15キロ走るようになってしまったわけです。

大体1時間から1時間半。時間が許せば20キロ以上を2時間以上かけて走ることもあります。

でも、僕流のLSDは、積極的なインターバルを意図的にいれてます。

気分によりますが、3キロ〜4キロはそのまま走るんですが、

その後は2キロ毎に、1分くらい、約200メートルくらいウォーキングを入れます。

走り続けることを目標にやってると我慢したり、歩いてしまった罪悪感に苛まれますが、

違うんです。自分がやってるのは、ランニングではなくて、自己流LSDなんだと。。。

最初からそれだからOKなわけです。

そもそもLSDの定義は知らないんだけど。。。

地元をあちこち走りながら、長年住んでいるのに知らなかった場所。

知らなかった景色。知らなかったこと、歴史や文化を発見するのです。

意外なところに神社やお寺を見つけたり、文化財や歴史的な場所があったり、

走るからこそ見つけられることがいっぱいです。

ちょっと、止まって写真を撮ったりします。

また、走ってると、一種の瞑想状態になり、いろんなインスピレーションも湧いてきます。

そんな時も歩きながら思いついたことをメモ取ったり、

ボイスレコーダーに話しかけたりします。

僕の仕事は比較的自由に時間がとれるので、

机で考えるより、走りながらアイデアを練ることができることもあるけど、

そうやって身体を動かしながらだと、血の巡りもいいせいか、

走り続けていると、意識も少し遠ざかる感じもあって・・・笑

また、景色も流れていくので・・・そんな効果か、いろんなことを思いつきます。

走ることは、昔は大嫌いだったんだけど、

いつしか、走ることが楽しくて仕方なくなってしまった。。。

走ることそのものが楽しい。

大会に出るという夢や目標もいいけど、そのために走るのではない。

未来のために走ったり、過去の後悔や罪悪感から走るのではない。。。

今この瞬間、走っているこの瞬間、瞬間が楽しくて、

直感に従って、コースをその場その場で決めていく。。。

コースと言うよりも、あっここを曲がろう、あっあそこまで行ってみよう・・・

直観の声に従って走るだけ。。。そんな中で、いろんな出会いがある。。。

僕は、そんなフリーランがとっても楽しい。。。

これからの時代は、スピリチュアリティがもっともっと注目されてくる時代。

だからこそ、身体性も、マインドを見つめることもすごく大事。

スピリチュアリティを伸ばすなら、全方向へしっかりと伸ばしていかないと、

バランスを欠いてしまう・・・

日頃、身体を動かしていないなら、ぜひ、外に出て歩くことから始めてみよう。

そんな小さな旅が、人生を変えるかも知れない。。。

Photo

2月 3, 2013 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

オヤジ文化が世界を滅ぼす

オヤジ文化が世界を滅ぼすって、ある女性の友達が言ってたけど、

オヤジの定義は別として、いまの政治はオヤジたちばかり。

オヤジにもいろんなタイプがあるけど、

オヤジの基本原理、基本精神は女神コンプレックス。

いわば、母親との関係性のコンプレックスを抱えている人が多い。

これからは女性性がとても大事な時代だし、

女性性がもっと社会の中で中心的になってこないと

この先の世界は破滅に向かうだろう。

考えてみても、今の政治や官僚、企業経営の世界で、

女性の比率はどれほどだろう。。。

政治の世界なんて、女性議員はほんのわずか。。。

オヤジばっかり・・・

国会中継で、議席の3分の2が女性だったら、

どんな政治の世界になるのかな。。。

きっと、憲法もそうだけど、女性が中心の世界って、

全く違うシステムになっているだろうな。。。

こんな時代なのに、男性優位な世界。

日本の給与水準は、女性の方が圧倒的に低くて、

韓国に続いて、世界でワースト2位。

今日が旧世界の最後だから、明日からの新世界、ニューアースの時代は、

もっともっと女性を前に前に送り出す時代になるだろう。。。

オヤジたちはそろそろステージから降りて、

もっと応援し、サポートする側に回ろう。。。

そして、オヤジたちの中にも眠っている女性性をもっと開発していこう。

いやいや、お姉になれってんじゃないよ。。。

まあ、それもありだけどね。。。

世界に何かを望むなら、それだけで世界はどんどん変わっていく。。。

12月 20, 2012 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

これはインプラントか・・・笑

18歳〜20歳くらいの間にいつの間にか右上腕にあった異物。
気がついたのがその辺り。。。

昔からいつかレントゲンやお医者さんに見てもらおうと思いながら、
なぜか、いつも忘れてしまって、、、
今日、遂に、病院で診てもらった。

まず看護師さんが、異物をグリグリ触りながら「??なに?これ?」って

「どんな感じですか?脂肪こぶ?」って聞くと

「ん〜何だろう。。。脂肪こぶは柔らかいからね。それにこういうところにはできない」と・・・

そこに先生が来て、グリグリ。。。

「ん〜なんだろうねこれ・・・とにかくレントゲン撮ろう」と。。。

レントゲン技師も撮影後、、、ん〜何だろう、これはと画面を見せてもらった。。。

今はデジタルだね。。。すごい!

その後診察室で・・・

「これはね〜ん〜なんだろう〜。。。外から入ってるのは間違いないね。」

「事故とか、怪我とかした事ある?」

「19の時にバイクで転んで。。。でも、ここを怪我した記憶はないですが」

「ん〜・・・まあ、きれいに皮下にあるんだよね。。。外傷もないし、なんか小さな穴のようなものはあるけどね、

まあ、このくらいのものが中に入るんだったら、なんか、もっと大きな傷の跡があってもいいけどね。。。」と・・・

すると先生。。。「フフフ・・・ん〜あれちゃうの。。。あのエリア51とか、宇宙人がいれたんじゃないの・・・笑」と

「いやあ、実は最近僕の周りで、UFOや宇宙人関係がやけに多くて・・・」って話したら、マジ顔でひかれた。。。。笑

いずれにしても、取り出すかどうか聞かれたけど、

僕は、取り出すのはやめて、このミステリーな異物とこれからも過ごしていこうと思います。。。

12_2

12月 11, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

人生は母なる叡智へと還る旅

僕たちは、進化というものが、

小さいものから大きなものへと変化していくこととか、

何かを付け加えて、より機能が増していくこととか、

単純なものから複雑なものへと成長していくことを進化だと感じ、

理解してきたように感じる。

でも、本当は、その過程とは、すでにあった完全なるものへつながるための

長い長い進化のプロセスだったのだと気づく。

宇宙は、進化して何かになろうとしているのではない。

進化という複雑化を通して、本来の叡智を受け取り、理解し、

自らのものとするために獲得してきたもの。

例えば、西遊記の物語で、三蔵法師一行が、困難な旅を経て、

ガンダーラへ経典を取りに行った物語のように

すでに叡智なる仏典は存在していて、その仏典を得るために

困難な旅をしてきたということ。

では、なぜ、三蔵法師達は、ガンダーラへ向かうことができたのか。。。

それは、そこにあると知っていたから。。。

僕たちも同じだ。

そこにあると知っているのだ。

だから、その宇宙の経典を、宇宙の真の叡智を受け取るべく、

困難な旅路を歩んでいる。。。

旅の先に、未知の創造によって生まれる何かがあるのではない。

僕たちは、ただ、成長する度に、

すでにそこにあるものを受け取っているだけなのだろう。

難解な仏典を理解するには、ただ文字が読めるだけでは無理だ。

人生を通して体験、体感したことを通じてのみ、

その言葉の意味を理解し、甘受できる。

人生の旅はそのためにある。

だから、旅に出なければいけない。いや、旅立つしかないのだ。。。

11月 28, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

全ては自分が創造している。。。自分自身も。。。

不思議な感覚にとらわれている。。。

わかる人にはわかるかも。。。

自分の世界を創造しているのは、自分なんだという体感覚。

自分が認識する世界はすべて自分がその瞬間瞬間に創造していること。

つまり、刻々と自分が創造している。
自分の創造と選択次第で今この瞬間があるということ。

例えば、いま見えないけれど、いま、友達が飲み会に参加してると聞いていた。
そう思ってる。でも、そう思ってるけど、本当に友達は飲み会に参加してる?

いや、そもそも飲み会もそのお店もあるの?
自分の意識の中でイメージがあるだけ。じゃあ、電話して確認しよう。
すると盛りあがってる。

でも、電話した瞬間から、盛りあがってる場が創造されている。。。

すべて、想像しがたい瞬間的に想像されたイマジネーションによって、瞬時にクリエイトされる世界に僕たちはいるだけなんじゃないか・・・

自分の認知の世界以外は実は物質化していないのではないか・・・

同時に世界が進行していると思っているだけで、
実際にはフォーカスしたところだけがその瞬間に創造されている。。。
実体はないということ。。。

その体感覚はなんだろう・・・

だから、世界を変えるのは自分の創造だけ。

リアルな現実は、自分のマインドが創り出している(としたら?)。
だから未来は自在に変えられる。自分がどう選択・創造するかだけ・・・

信じるとか信じないとかの意志ではなく、
深い内側から無意識から創造される、されてしまう体感的現実。。。

体感型のホログラフィ。。。

あ〜やっぱ、引き寄せも超えて、
自分がすべてなんだね〜・・・

このリアルな感覚は何だろう。。。

11月 27, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

夢ってなんですか?

最近友達になった、ドリプラジオのDJのたっちゃんが
先日のファインディング・ジョー「英雄の法則」の上映会の後に、
ラジオ用のショートショートインタビューをしくれました・・・

※ドリプラジオについては、一番下を参照ください。。。!

インタビューはいつ流れるのかは定かではないのですが。。。

質問は「あなたの夢はなんですか?」でした。。。

そこで僕は、答えたのですが、
僕には、夢がないって・・・

もうインタビュー的には、NGなんだけど。。。笑
たっちゃんもさすがプロです、そこからいろいろと掘り下げてくれました。。。
そもそも、みんなの夢を語って、夢を応援する番組だから、
どうかと思ったんだけど。。。

本当に短い3分くらいの一言インタビューだったけど、
そこで自分が語ったことが気になって

少し考えたのでした。。。

あらためて、僕の夢って何だろうって、、、でも、正直に言って、
僕には、夢がイメージできないんです。。。

夢という言葉の捉え方や解釈の問題なのかもしれないなとは思うんです。
解釈は、何においても人によって違うから・・・

なぜ、夢がないのかって言うと、あの日は、思ったことは
どんどん実現に向けてすぐ行動するから
だから、夢ではなく、僕には予定になってしまうんだよね。。。って・・・

だから、言ってみれば、夢を生きているって言うような
カッコイイことを僕は言ったけれど、どうなんだろうって思って。。。

夢がないって言うのは、暗い意味じゃない・・・
絶望とか、夢を描いて実現しないかも知れないという恐れでもない・・・

昔はあったよ。。。年収とか、こんな暮らしとか。。。

でも、それも、ある程度実現してみたときに、
あ〜なるほど、こうやって、こうなって、こんな感じで行けば、
この山がこんな感じだから、あの山も、この山もこんな感じだろうなと。。。

それは確かに、そこに行かないと実際はわからない。。。

エベレストには登った人にしかわからない何かがあるのは当然だ。。。
だけど、そこには興味が無いから。。。

例えば、売上げが100億円の会社をつくるとか、
年収がいくらで、こんなところに暮らして、こんな人たちのコミュニティに属して。。。海辺の別荘があって。。。云々

それもいいよね。。。否定はしない・・・
でも、そういうところには、僕の喜びはないというか。。。

くれるならいただきますが。。。笑

でも、そんなものもらっても、売ってしまって、
困ってる人に役立てた方がいいな今は。。。

世の中が、世界が、平和であって欲しいとか、
愛に満ちた世界であって欲しいなんて夢はなく、

それを言うなら、ただ、みんなのそれぞれの魂のプロセスが行われる中で、
みんながシフトして行くことを見守るというか。。。

だって、誰しも、どうあっても絶対にシフトして行くように設計されているんだもの。。。

ただ、人それぞれに開花するタイミングが違う。。。

それは、バラであれ、朝顔であれ、つぼみから一斉に同時に花が開くことはないように。。。

だから、僕には、すべてのプロセスを信じるということが根っこにあって。。。
これは宇宙全体のプロセスね。。。すべてはなるようになっている。。。

よく悪い宇宙人がいて地球を乗っ取ろうとしているとか

世界政府があって、世界をコントロールしているという陰謀説もたくさんあって
それもあるかもしれない・・・

だけど、どうだろう。みんないま、それで大変な目に遭ってるのかな?
もちろん、大変な人もいるよ。。。助けが必要な人もいる・・・
でも、これを読んでるあなたはどうですか?

だからといって、漫然と生きてるわけではなく、
悪い宇宙人というのは行き過ぎかもしれないけど、

もしもの時には、もうみんな戦うでしょ!
で、もうどうにもならなかったら、最後は滅亡する・・・

そうなった時に、宇宙のプロセスではそれが結果であって、

その邪悪な宇宙人たちが宇宙を支配したときに、成り立つ世界が宇宙の望みなら仕方が無い。

でも、意識の進化の過程を見つめれば絶対にそうはならないと確信できるけどね。。。

宇宙の根本原理は創造だから、だからこの世は出現したわけで、破壊からは何も生まれないもの。。。

世界政府の陰謀も・・・笑
そういうのもあると思うけど、それによって、どう?
みんな過酷な奴隷になってる?
不幸のどん底にいるのかな?

そんなこと考えてる時間あったら、それこそ夢を描いて、
それを実現すべく行動していけばいいだけじゃない。。。
それができなくて困っている人もいるんだろうけど。。。

僕にとって夢って、そういう意味で・・・どういう意味だ。。。笑

何だか、「宇宙を信じ続ける」ことかな。。。書きながら何かイメージできてきたけど。。。

まあ、それも夢というか、いまやってることだけど、完全じゃないから、
100%実現していないってことで言うならば。。。

自分は、大いなる河を流れるハスの葉に乗って旅するカエルのような・・・笑

流れに乗っているから、ハスから降りて泳いでも、ハスの周りを泳いで楽しんで、
また、ハスに乗るようなね。。。

宇宙ステーションやシャトルが、1秒間に8kmもの速度で、
宇宙空間をかっ飛んでいるんだけど、
シャトルはステーションと優雅にドッキングして、
宇宙飛行士はそんな中で、スローモーションのように船外活動している。。。

それと同じようなものかな。。。

いくらもがいても、あがいても、大河の流れには逆らえない。。。
ならば、大河の流れを信じて、従ってみよう。。。
その大河はどこへと流れていくのか、流れる雲に聞いてみよう・・・

そう考えたら、やっぱり人生において、喜びとは何か、
至福を感じることは何かを追いかけていくこと、
探求していくことが、自分にとっては大切な事だと・・・

それが、人によっては100億の会社を経営することかも知れない。。。
その人なりの夢を描いて、それを実現していくことかもしれない。。。
みんながそれぞれに、本当の自分を生きて、
愛や喜びを味わいながら生きてくれたらいいなって、そう思います。。。

あ〜書いてみて、それが夢なのかもしれないね。。。

僕にも夢ってやっぱあるかもね。。。笑


ドリプラジオというのは、放送業界で20年パーソナリティーをしてきた
たっちゃんこと、辰島佳寿美さんが、思い描いた夢。
24時間365日、どこかで人を応援する為のラジオ局を立ち上げたい!
そんな思いで活動されているインタビューで、
電波では、FMおたるのほっとけNIGHT!のドリプコーナーや
ネットではUstreamで配信されています。

ドリプラジオ公式サイト http://drepradio.net/

11月 13, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

星の旅人たち

昨日、友達の条次が教えてくれて「星の旅人たち」を借りてみた。
いま、新作で出てるはず。

実はこの映画、僕が一昨年ひと月かけて歩いた、
スペインのカミーノと言われ、
今は、世界遺産ともなっている約800キロの巡礼の道
サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅をテーマにした映画で、
丁度、歩いている頃、この映画の製作に関してのFacebookを何かで知って、
撮影の進行状況などが知らされていたのを覚えていた。

でも、あまり関心が無くて、ほとんど見ていなかった。

なんと、監督はエミリオ・エステベスで、主演がマーチン・シーンだった。
もっと驚いたのは、いまの今まで、エミリオ・エステベスが
マーチン・シーンの息子で、チャーリー・シーンの兄だったとは。。。笑 

映画はとてもよくできていて、なかなか深くて面白い、いい映画だった。

何よりもこのカミーノを歩いた実感として、
本当にこの映画のように、自然に気の合う仲間達ができて、
何気に一緒に旅するようになる。
今でも、彼らとは連絡を取り合ってる。

なぜ、主演のマーチン・シーンがカミーノを歩くようになったかというのは、
出発地フランスピレネーの麓の街、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
ピレネーを越えて行く途中に、事故に遭って死ぬことから始まるのだけど、
歩いた実感として、ピレネーで事故に遭うというのは、
ずっと普通にクルマが通る道があるので、
よっぽど変なところに行かない限り転落とかもないので、、、
ちょっとそこに引っかかったのだけど。。。笑 
歩いたことがない人には、大変なんだな〜って感じだろうね。

でも、それは別としても、思い出深い場所がたくさん出てきて、
映画のストーリーよりも、あ〜!お〜!ここっ!って声を上げてたら、
カミさんにうるさい!と怒られて。。。笑 

きっと、エミリオとマーチンは、カミーノを歩いて、
体験したことをうまく映画化してる。
とてもリアリティのある映画だったし、共感するいい映画だったね。

それにしても、カミーノは本当に素晴らしい。。。

日本のお遍路もいいけど、何しろ歩き遍路はお金がかかりすぎる。
民宿も一泊6000円前後くらいするし、食べ物もそれなりにかかる。
カミーノはアルベルゲといわれる巡礼者用の宿舎があって、
5ユーロから8ユーロ。500円〜1000円。
ペンションとかホテルでも3000円くらい。
ワインは500円くらいで、本当に美味しいワインが1本飲めるし、
食べ物もやすくて美味しい!
渡航費を入れても、時間さえまとまって取れるなら、
安価で素晴らしい体験ができる。

人生を見つめるには、本当に素晴らしい旅になると思う。

それにしても、歩いていると日常になってしまうんだけど、
あらためてこうやって見ると、結構な旅をしていたんだなと思う。。。

もう一度、歩きたいと思ってたから、これを見て、ますます歩きたくなった。。。

星の旅人たち
http://hoshino-tabibito.com/pc/

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=xMW4tlQsQNk

10月 24, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ハタヨガ・マスターToshi先生のヨガに親しみ&意識をシフトさせる会 from 湘南

 初心者大歓迎!カラダとココロと意識をクリアリングするヨガと瞑想

 

 ハタヨガ・マスターToshi先生のヨガに親しみ&意識をシフトさせる会 from 湘南

 11月21日(水)19:00〜21:00

 いつも親しくさせていただいているサーファー仲間でもある

 湘南は茅ヶ崎在住のヨガマスターToshiさんこと、山本俊朗さんをお招きして、

 初心者の方でも気軽に楽して、とっても深い・・・ヨガと瞑想の会を開催します。

 Toshiさんとは、東京や辻堂、逗子で会ったり、一緒にサーフィンに行ったりしています。

 日本のヨガのクラスでは、クラス自体に男性が少ないのですが、

 さらに、ヨガの先生の中でも、男性の先生は少なく、日本では貴重な存在とも言えます。。。笑

 そんな中で、とても高度なアーサナ(ポーズ)をマスターし、

 また、精神面でも深い領域にアプローチする先生はなかなかいません。

 日々、新しいアーサナを研究する求道者でもありながら、

 とってもリラックスして人生を楽しんでいる、人間そのものが魅力的な方です。

 Toshiさんは、湘南、東京を中心にクラスを展開していて、

 奥さんでヨガインストラクターのMisatoさんと

 108 TOWA YOGAを主催。

 何しろ、とても気持ちの通じる感性のヨガマスターなので、

 

 また、経験者にも深く味わえるプログラムを楽しんでいただこうと考えています。

 ぜひ、ご興味ある方、最近カラダを動かしていない方、

 人生をシフトしたい方にご参加いただきたいと思います。

 時は、2012年、噂のあの日ももう間近。 

 ヨガでココロもカラダもクリアリングして、

 皆さんで、シフトしませんか!?

 *********************************************************

 初心者大歓迎!カラダとココロと意識をクリアリングするヨガと瞑想

 アヌサラヨガ・マスターToshi先生のヨガに親しみ&意識をシフトさせる会 from 鎌倉

 *********************************************************

 2012年 11月21日(水)19:00〜21:00

 会場:株式会社マイルストーンデザイン〈オープンスペース〉

      〒701-0221 岡山市南区藤田367 TEL : 086-296-0025

      アクセス: http://tinyurl.com/yejn8c9

 ◎最寄り駅:JR瀬戸大橋線 妹尾駅

  妹尾駅 18:16岡山駅発  18:27妹尾駅着の場合 4名様まで送迎可能です。タクシーの場合8分

 アクセス情報はこちら→ http://hymca.jp/hall/access.htm

 参加費:3000円

 お申し込み・お問い合せはこちら↓↓↓↓↓↓

 https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=mile&formid=132

 ◎主催:クエストカフェ

 ◎お問い合わせ→クエストカフェ運営事務局 

  【メール】quest@questcafe.jp 【TEL】090-9463-3041 担当:今井のり子

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------

 ■Toshi/トシ(山本 俊朗)

  ヨガインストラクター。アヌサラインスパイアドティーチャー。スタジオ・ヨギーほか、都内を始め全国各地を回り

  ヨガ、および、Anusara yogaの普及に努めるため、老若男女全ての人を対象にワークショップや講座を開設している。

  ヨガの師範でもある母の影響で自然とヨガに触れ合う。老若男女全ての人がヨガに触れ合う場を提供する傍ら、

  ヨガを学び伝えるインストラクターの普及に務める。また、子を持つ母のためにヨガクラスを開設するサポートや

  ボランティア活動にも力を注いでいる。自然と海が大好きなサーフヨギーで湘南茅ヶ崎に在住。

 ■108YOGA TOWA YOGA主宰

  http://www.towayoga.com

 ■108 TOWA YOGA for Mammyアドバイザー

  http://s.ameblo.jp/108yoga-mammy/

 ■監修・出演

  iTunsよりオーディオブック『音ヨガ』にて「Surf yoga」を手掛ける。

  2008年 テレビ番組TBS「うたばん」出演

  2010年 フリーペーパー「湘南サーフジャーナル」監修

  2011年 おうちで出来るヨガ「おうちでヨガ」出演・監修

 -------------------------------------------------------------------------------------------------

1_2

2

10月 14, 2012 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)