« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

モスクワのダブルレインボー

以前、ブログで紹介した、モスクワ大学の交換留学生
イリーナが帰国しました。。。

日本では、来日したゴルバチョフ元大統領と面会するなど、
すごいシンクロニシティを演じた彼女。

僕との出会いも大きなシンクロだったではずです。。。
うん、きっとそうに違いない。。。爆

早速、モスクワから、素晴らしい虹のプレゼント。
彼女の自宅のマンションからだそうです。

虹の横のタワービルが、モスクワっぽいデザインだね。

モスクワ、早く行ってみたい・・・・

ひょんな縁で友達になって、
何だか、思い出深く、不思議なご縁の友達です。

彼女の感性は、とても日本的。
古き良き日本人の感性を感じました。。。

日本のいいところ味わって帰ってくれたかな?

ね、イリーナ。読んでると思うんだけど。。。このブログ。。。笑

Swiss_hotelkarasmall


7月 29, 2007 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

Let's go surfing....

久しぶりに、サーフィンに行って来ました。。。

しかし、当然のことながら波はなく。。。
東シナ海に高気圧が居座っていれば、西日本は天気がいいけど、
波は立ちません。

でも、そんな時でも、遊べる程度の波が来るのが中村の良さ・・・

家族でのんびり海水浴になりました。

朝イチ・・・明るくなると海に入ります。

朝は、風がないので、波のコンディションがいいのです。

もちろん、今回は大した波はありません。。。

僕がいつも行くポイントです。

毎朝、こんな景色を見てスタートすれば、最高の一日になりそうです。

今年は、何回行けるかなぁ〜

Futami

Surfheaven


7月 28, 2007 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

僕たちは、どこに生きているのだろう。

僕たちは、どこに生きているのだろう。

それは、どういう地域、どういう場所に住んでいるということではなくて、

もっと立体的で、多次元的なポジションとしてどこに生きているのでしょうか?

ということです。

この表現は、多次元的な世界の理解が少ない人には、
感覚的に理解するのは、難しいかも知れないけれど、

例えば、今日何をするかっていうことは、
身体が勝手に動き出して何かをするわけではなくて、

やはり、頭で考えるわけです。

その時の頭の中での意識世界の拡がりは、ある意味無限です。

実際に、現実的な目に見える世界に生きながら、
僕たちの実際的な世界を支配しているのは、
僕たちの内的な世界。

つまり、感情だったり、心理的なものです。

では、まったく自由な意識空間の中で、どこに生きているでしょうか?

これは、太平洋のど真ん中で、深い海に潜っているようなもので、
上も下も方角も全くわからない不安定な世界にいるのと同じです。

だから、僕たちは、どこかによりどころを求めて、
そこに錨を降ろして、その周辺を生きているというわけです。

で、その錨を降ろしている場所というのがあって、
住み慣れた世界で、パターン化された世界に安心を求め、
そこから離れようとしません。

その時の錨を降ろす場所は、実際には、幻想のようなもので、
そうあると信じている世界です。

そういう世界は、現実世界と繋がっている方が安心なので、
意識世界の冒険は不安だから、現実的な世界しか見ないようにしている人は多いのです。

海水浴に行って、ビーチから沖に泳いで行っても、
常にビーチを気にしている感覚わかりますよね。

いつでも戻れるところまでしかいきません。

でも、大半の人は、ビーチから泳ぎ出そうともしないものです。

そして、海の素晴らしさを味わうには、泳ぎ出てみないとわからないもの。

あなたはいまどんな海辺にいるのでしょうね。

7月 19, 2007 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

すっかり書いてないねー

この前も、一ヶ月経ってたのに、またまた、日が空いちゃった・・・

なんだか、ブログに気が回らないね。

先ほど、東京から帰ってきました。
東京では、夜は会食がほとんどで、夜遅くなっちゃうので、
メールは朝チェックになってしまう。

朝は、忙しいから、軽いヨガや瞑想もしなくちゃいけないからね・・・
そうしたら、またまた、ミーティングやらで、結局、メールの対応ぐらいしかできない。

先週は、一週間東京だったし、そうそう、月曜日は、
映画「地球交響曲 第六番」の上映会のお手伝いで、もう、忙しかったから。。。

なんだかんだで、先週からほとんど何もできていないんだなー。。。

龍村監督やプロデューサーで奥様のゆかりさんも来られていて、
監督とお話しする中で、クジラの能力について、とてもいいお話を聞かせていただきました。

クジラって、3頭いたら、地球を半周するくらいの距離を交信することができるらしい。
南極と赤道と北極。
そうすると、リレーして、メッセージは、あっという間に伝えられるようです。

素晴らしい・・・

水深400メートルくらいの深い海は、とても静かで、
とても遠くまで、音波が届くらしい。。。
彼らは、遠くにメッセージを届けるときは、そういう深い海で交信するようなのです・・・

僕たちは、物質的な技術を進化させたけれど、
クジラたちは、僕たちよりも、数千万年前から生きていて、
内的な技術や世界を進歩させたのかも知れない。

だから、物質に頼らず、平和に暮らすことができていると言うことなんだな・・・と。

クジラに学ぶことはたくさんあります。

そうそう、昨日は、LBA、ロハスビジネスアライアンスの設立イベントとパーティーでした。
僕も、クリエイティブ面でお手伝いしているので、行ってきました。

素晴らしい面々が集まっていました。
これからの展開が楽しみです。

LOHASにご興味のある方は、ぜひ、こちらをご覧ください。
そして、LBAに参加しませんか?
http://www.lohas-ba.org/index.html

情報のシェアや交流会など、会員同士の拡がりも魅力です。


7月 18, 2007 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

いつの間にか一ヶ月・・・

あれ〜。。。。

ふとブログを書いていない自分に気づいた。

毎日、ひたすらキーボード打ってるので、ブログに気が回らない。

何年ぶりというくらいに、やることが一杯で・・・ヘロヘロ
でも、すごく充実しています。

実は、いま、小冊子を書いていて、というか構成を考えているところかな。
それで忙しいのではないのだけれど、
毎日、すごくワクワクしています。

内容は、もちろんスピリチュアリティだけど、どういう表現がいいか・・・
こういう時が一番楽しい。

いま、身体に注目しています。
といっても、見えてるからだ、肉体じゃなくて、見えない身体です。

見えない身体?

そう、身体は多次元レベルで、同時に存在していて、僕たちの認識できる世界では
肉体として存在しているけれど、その肉体の周囲をおおよそ4つの身体が構成している。

でも、それは多次元的に存在しているので、この物質次元に近いエネルギーボディは、
中には、肉眼で見える人もいる。

これがオーラですね。

でも、エネルギーボディはそれだけじゃない。

高次のエネルギーボディは目では見えません。
その代わり、感じることができたり、インスピレーションでわかったりします。

実は、僕たちは、意識するにせよ、しないにせよ、
このエネルギーボディのレベルでものごとを認識しているので、
直感的にわかったり、人や状況に対して、
その現象のバイブレーションを感じて、読み解くことができるのです。

そうしたバイブレーションを具体的な情報として読み解くことができるひとが、
サイキックであり、直感能力者ですね。

でも、だれでも、本当はわかっているんです。
ただ、言葉にすることができなかったり、表現レベルでその方法を知らないだけ。

だから、自分に合わない人は、そう言うレベルで避けるようになっています・・・

そういうレベルで身体を考えると、あーそうか、脳で考える必要はないんだってわかります。

つまり、知能指数とかってのは、頭の善し悪しではなく、
単に、多次元情報のアクセスしやすさとしての明晰さであり、

例えばEQと言われる、心の知能指数は、多次元情報の感じ方で、
言葉を越えた情報コミュニケーションをしているということ。

身体で感じるってことやってみましょう!

脳が心に内在する「エネルギーパターンの受信機」として機能し、
それは思考の中で、意識として表現され存在すると、
ノーベル賞受賞のジョン・エクルズ卿が説いている。


7月 5, 2007 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)