« 行動の背景を見る | トップページ | 低炭水化物ダイエット »

2008年4月 6日 (日)

神様の宇宙

世界の人口は66億人。

この内、電気がない暮らしをしている人々は、20億人。
つまり、地球上の3分の1以上、3人に一人の人が、
いまだ、電気もない生活をしているのです。

僕たちの豊かさっていったい何だろうと思います。

世界で一番のお金持ち二人の資産をあわせると、
世界で最も貧しい国の予算、40カ国を集めた額に等しいそうです。

世界は理不尽です。

こんな話がありました、

ある人が、子供二人に、クッキーをあげようといって、

神様の分け方と人間の分け方どっちがいい?と聞きました。

子供たちは、すかさず、神様の分け方!といいました。

すると、ある人は、一人にたくさん、もう一人には、少しだけあげました。

多くもらった子供は、大喜びですが、
少なかった子供は、ずるい!といって、泣き出します。

神様は、いつも平等なんでしょうか?

この世界は、神様が創っている。

その真意を見つけることが、本当の宝物を見つけることなんだろうなって思います。


ところで、宇宙には、地球外の生命体っていると思いますか?

地球外知的生命体の探査で、地球外の知的生命体にコンタクトをとるべく、
電波を使って、様々なメッセージを発信したり、
宇宙からの電波をキャッチして、解析していますが、
いまだ、それらしき電波を受け取ることはできません。

最近わかって来たそうなんですが・・・

なんと、電波は、約1光年から2光年では、ほとんどが宇宙のノイズになってしまうそうです。
最も地球に近くて、生命のいそうな星にさえ、電波は届かない。。。

そう考えると、まだまだ、当分は、地球という宇宙のオアシスは、
僕たち人類と、生命という仲間たちだけということになります。

ちょっと寂しくも感じるけど、こんなにたくさんの命の仲間がいるということでもあり、
もっと、もっと、地球上の命の仲間を大切にしなくてはいけないなと思うのです。

いまの科学技術ではキャッチできない、または、コンタクトできなくても、
いつか、全く異なる科学技術によって、新しいコミュニケーションの扉が開かれるときが来るでしょう。

それは、まず、僕たちが、いまある生命圏をよく理解して、
本当に調和の取れた世界を実現するまで、お預けなのかも知れないですね・・・


4月 6, 2008 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/40785167

この記事へのトラックバック一覧です: 神様の宇宙:

コメント

コメントを書く