« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

サンフランシスコ

サンフランシスコに来ています。

世界最高のデザイン会社と称される、シリコンバレーのIDEOに見学に行くためです。

プロダクトデザインで有名な深澤直人さんもIDEO出身です。

IDEOについては、本も出版されていますが、
彼らなりのクリエイティブな環境や経営の仕方など、
いろいろと実体を見てこようと思います。

IDEOは明日ですが、昨日、今日は、バークレーで友人翻訳家、
牧野美枝さんに会ったり、ナパバレーへとドライブしたりしました。

ナパの一番奥に、カリストーガという温泉があって、
そこで、一泊し、スパを味わってきました。

ここは、温泉を利用しての泥風呂が有名で、
天然の泥ではなく、それぞれのスパごとにオリジナルな泥風呂を提供しているようです。
おなじに見えるんだけど。。。笑

日本の天然の泥風呂と違って、
腐葉土に火山灰とかを混ぜていて、なんとも、身体を沈めるときは、
もう、気持ち悪い気持ち悪い。。。

でも、すっかり癒されました。

プールも3種の温度で、温泉になっていて、
これも、またよし。
でも、やっぱり温泉は、日本の温泉がいいなーというのは、
僕の個人的な感想です。

湯上がりは、畳でビール。。。これに限ります。。。笑

ナパバレーは初めてでしたが、一面ブドウ畑です。
ハイウエイで北上しながら、周囲がブドウ畑と、
ワイナリー。。。シャトーとは言い難いですが、リッチです。

写真をたくさん撮ったけど、パソコンに引っ張れない。。。コードを忘れた・・・

でも、ハイウェイが、あまりにみんな飛ばすので、
のんびりワインカントリーを味わいながらって感じではないんですね。

あー、景色がいいから、クルマを止めようと思っても、
後ろのクルマが、迫ってくるし。。。

僕も、飛ばす方だけど、アメリカは巡航速度早すぎ。。。
といいながら、昨年は、ユタでスピード違反・・・
今回は、バークレーで駐車違反。。。笑

帰りに、ソノマに行って帰ってきました。

ベイブリッジとゴールデンゲートブリッジをクルマで渡ったのは初めて・・・。

以前、歩いて渡ったのですが、自殺の名所なんですよね。。。

さて、旅は、まだまだ続きます。。。

5月 30, 2008 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

投資の勉強

ここのところ、投資の勉強をやり直しています。

いろんな本をたくさん読んでいるうちに、面白い発見がたくさんあります。

どんな発見かというと、投資の勉強をしているはずなのに、
自然の法則や宇宙の摂理のようなものをかいま見てしまうんです。

投資と言っても、僕が研究しているのは、長期投資なのですが、
投資の世界は、不思議な周期性があるんですね。

この周期性は、歴史の周期性と同じで、妙なシンクロがあるんです。

また、投資は、株や債権、為替やコモディティ、金などといったものを購入するかたちで
お金を市場に送り出して、これらの投資物件が運用されるんですね。

ここで、また発見するのは、お金っていうのは、やはりそのものは実体がなくて、

あるのはエネルギーで、それがモノになったり、サービスというカタチになり、
それらを交換する一時的な信用証書みたいなものだと。

だから、お金儲けそのものには意味がなくて、
必要なものが、必要な時に手に入る、交換できるように

それは、エネルギーが留保されている場所があって、
それを引き出すための信用証書ということです。

それが、紙幣であれ、貨幣であれ、カードや銀行からの振り込みであれ。。。

例えば、携帯電話は、そのものの機能的な価値がそこにあるけれど、
その携帯電話の本当のエネルギー的な価値は、どこにあるんだろう。。。

それは、手に持っている携帯電話本体にあるのだろうか?

僕は、この時空間そのものには、実体が見える、実体として感じられる部分のエネルギーしかなく
本質的なエネルギーは、別の空間に存在していると思うのです。

物物交換できるなら、お金はいりません。
お互いが欲しいものが、その時にない場合に、お金を代わりに支払います。

しかし、いまでは、お金による交換システムが一人歩きして、
経済システムが出来上がっています。

魚3匹とかぼちゃ一個というように、
魚3匹をもって、本来は、必要なものを手に入れられるはずです。

そこにはお金は必要ありません。

お金も、魚も、かぼちゃも、本質のエネルギーを担保するものとしては、
同じものなんですね。
サービスも同じです。

そう考えたら、投資も面白いものです。

投資して、価格が変動するのは、見えないエネルギーの波が動いているようなものです。

そのエネルギーは、いろんなものに変換する万物の創造の源です。

潜在意識化ではすべて繋がっているといように、
エネルギーの深い部分に行けば、結局すべて繋がっている。

海が水を媒体として、繋がっているように。

海の表面は波として、リアリティになります。

僕たちという存在も、カボチャも、お金も、
全部、物質化したさざ波。

万物創造のエネルギーが顕現しただけです。

そう考えたら、あってもなくても、一緒と言うことですね。
すべては、つながりひとつと言うことだから、

投資でも、なんでも、すべては一所に行き着くんだな・・・・

5月 11, 2008 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

久しぶりに・・・

GWは、仲間と高知へサーフィンに出かけました。

そこそこいい波が来ていました。

久しぶりだったので、身体がついていきませんでしたが、
なかなか楽しめました。

さすがに、この季節の紫外線は強烈で、
顔はすっかりこんがり焼けました。

水がまだ少し冷たくて、寒がりな僕は、ウェットスーツを着ていても、
朝イチに海に入る瞬間は、ちょっとガッツがいります。

入って、身体を動かすと、温かいくらいですが。。。

やはり、海パン一枚でできるのが一番気持ちいいです。

海に入っていて、ただ、波とシンクロしながら、自分の波を待ちます。

初日は、サイズが大きくて、アウトに出たら、
うねりで身体がアップダウンします。

僕は、このうねりの中で上下するのが結構好きです。

まるで、地球の呼吸とシンクロしているように感じるからです。

波が来ても、どれでも乗れるわけではなく、
自分のポジションに最適な波を待ちます。

そして、波に乗って、サイドに走ると、波との一体感を味わいます。
時折、波は止まったように感じる瞬間があります。。。
この瞬間が、永遠に続いたらどんなに素敵だろうと思うのです。

また、アウトに戻って、波を待ちます。

ずっと海の中にいて、ずっと海を眺めながら、
いろんな思いが、頭の中を去来します。

まさに、瞑想です。

海の中で、自分に向き合い内省する。

サーフィンの楽しみ方はいろいろあるけど、
僕にとってのサーフィンは、やっぱり、禅やヨガ、瞑想と同じです。

そして、ご褒美のライディングと最高の太陽の輝き。

だから、サーフィンはやめられません・・・

5月 8, 2008 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)