« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

小中学生ケータイ禁止

小中学生ケータイ禁止が、議論されている。。。

ケータイには、困ったもんだ。。。

先日娘のケータイの使用料金を初めて見て、びっくりした!

69,000円ギャーァ!

一月。。。

おいおい!でも、これ、パケット代・・・

パケット使い放題だから、定額なので、下の方に、-69,000円とあった。。。

そもそも、使い放題なんだから、書くなよ!!

でも、そんなことより、それだけメールとか使ってるってこと。

僕もPCメールを自動転送してるので、結構使ってるはずだけど、

15000円くらいのパケット料金。

まあ、娘は、ケータイしかないから、僕がPCメールを使う分、

全部ケータイというわけか。。。

これって、うちの娘に限ったわけではなく、ほぼ同じか、

もしかすると、それ以上もざらにいると思う。。。いや、多いかも。。。

ケータイといえば、先日上海に行ったときおもしろいことがあった。

ビジネス視察ツアーなので、いろんな場所で、講義もあったのだけど、

貿易関係の方のお話で、先生がお話ししてると、彼のケータイが鳴るんです。

講師のケータイが鳴るだけでも日本では、問題だけど、

なーんと!

彼は、ケータイを取って。。。

Photo

おいおい!出るなよー!

講義の最中に、フツーにケータイに出て、ちょっとすいません、、、!って

話し始める。講義の途中だぞ!

こんなことが何回もある。

内容は!?緊急性がある?重要。。。?ぜんぜん。。。

たいしたこたぁ〜ないがな・・・

で、聞いてみたら、中国はフツーだと。

大学の講義中でも、教授はフツーに出るんだと。。。信じれん!

まあ、そもそも、電車の中でも、みんなケータイしまくって、

大きな話し声で、ワイワイやっとるそうな。。。参るね・・・

ところで、話がそれたけど、

小中学生にケータイ禁止。。。

これね、いいと思うんだけどね。。。

やっぱり、機能制限がいいね。小学生には、機能がないやつで、

安全面と連絡ができる低機能のケータイを開発すべし。。。それ、できてるか・・・?

中学生は、難しいね。

問題もあるけど、精神的に苦しい子が、友達のケータイメールに救われたってケースもあるしね。

ケータイが悪いんじゃなくて、

ケータイでメッセージをやりとりしなくちゃいかん環境そのものについて、

どうなんかが問題よね。

ん〜どーする?


11月 30, 2008 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

恐慌前夜

僕の中で、いま一番のテーマは、やっぱり国際的な金融危機です。

前々回のカンブリア宮殿を録画していたものを忘れていて、
やっと見ましたが。。。

内容は経済危機の特番でした。

いま、世界恐慌前夜といわれていますが、
知らない人は全く知らない。
興味がない人は全く興味がないわけです。

このことについて、僕もいろいろと見つめているのですが、
最初は、この事態に対して、ささやかながら経営者としてどう対処していくか
すごく真剣に考えています。

ネガティブにとらえれば、うろたえるようなものかもしれませんが、

こうした状況は、実は、チャンスの山でもあるわけです。

景気がとてもいい時には、本質から外れていても、
適当でも、そこそこいけるわけですが、

景気が冷え込み、恐慌ともなると、
支出はグンと減ります・・・

インフレともなれば、支出しようにもお金が紙くずになって、
どうしようもないわけですが。。。

それでも、そういう時だからこそ、本物が残っていくわけです。

マネーゲームに走り、踊った会社や人々は、
本当に必要で、学ぶことが難しい技術や経験、文化を学ばずとも、
安易な方法で、結果だけを手に入れることができます。

でも、そうした時代は、もうお終いとなるでしょう。

これからの時代は、マネーゲームではなく、
ひとつひとつのプロセスを大切にして、
人と人が関わり、自然や社会が影響し合いながら、
そのバランスを大切に見ながら、かたち作っていく時代だと思います。

そんな意味でも、本質を探究する人々には、大きなチャンスがやってきた時代だと思うのです。

「敗北した軍隊よく学ぶ」と言いますが、

危機があってこそ、学びもまた大きいわけです。。。

11月 27, 2008 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

上海行ってきました!

久しぶりに上海に、行ってきました。


13日から4日間、上海に行ってきました。

6年前に行って、今回で2回目。

友人のリエちゃんこと、平川理恵さんのコンサルタント会社
株式会社アコードコンサルティングが主催する、
中国ビジネス上海視察ツアーに誘われて、
誘われるままに、行くことを決めたのですが・・・笑

成長著しいといわれる上海を久しぶりに見てみようと、
行ってきました。

前回は、単に観光で行ったのですが、今回は、ビジネス視察ツアーということで、
とてもとても充実した旅となりました。

ここのところ旅といえば、モンゴルもそうですが、アリゾナやユタなど、
人のいないような場所ばかり行ってましたが、

上海は、真逆!

圧倒的な人の数と人のパワー!
そして、今、世界でもっとも発展し続けている都市に、
それも、ビジネスで行くというのは、どうした風の吹き回しでしょうか・・・笑

今回は、中国の東大もといわれるレベルの、上海の复旦大学の日本研究センターでの
中国ビジネスについての講義や貿易センターでの講義、
また、いろんなビジネスポイントの視察を中心に、

上海で活躍する日本人の起業家や大手企業のエグゼクティブとの交流など、
生の上海を味わい、情報収集してきました。

上海でビジネスでも!?

というつもりではないのですが、
そういう可能性をシュミレーションしてみながら、
ビジネス面での、上海との関わりをいろいろと模索してみました。

中国でビジネスをするというのは、簡単なことではありません。

それは、社会システムが大きく異なり、政治や文化、慣習の違いなど、
特に、政治的な仕組みが影響する場面も大きくあるので、

そういうことを前提に、ビジネスを考えて行かなくてはいけません。

しかし、そういう問題を超えて、可能性の扉を開けば、
大きなチャンスが広がっているのも事実です。

そんなかんなを見つめたり、この旅で出会った、すばらしい参加者の方々との
お話の中で、いまの自分のビジネスを見つめ直し、
たくさんのやるべきことが見えてきました。

また、人のつながりという大きなギフトも得られ、
収穫ばかりの上海ツアーとなりました。

今回のツアーでもっとも感じたことは、

「生きる」ということへの人間の底力でしょうか!

中国人、いや、上海人の生きるエネルギーに、圧倒されながら、
自分は、まだまだ、たくさんやることがあると・・・笑

眠っていた感性のシステムが作動したような気がします。

豫園という有名な観光スポットに行ったとき、
道路を横断していたら、僕にバイクがつっこんできて、
なんとか交わせましたが、接触しました。

あまりの無謀ぶりに、文句を言おうとしたのですが、
バイクのおじさんは、僕に何やってるんだといわんばかりに、
すごい形相!・・・笑

笑い話ですんでるけど、危ない危ない!

上海は、クルマ優先です・・・

交差点でも、目の前で、バイクとクルマの事故があり、
はねとばされながらも、起き上がって、降りてきたドライバーとけんかする女性など。。。

そういうパワーと言っていいのか・・・生きる力を感じたわけです・・・笑

上海は、成田からは2時間半。福岡なら1時間少々かな?

めちゃくちゃ近いのに、ここまで違うわけです。

いろんな意味で、ビリーフが書き換えられる上海・・・スゴ!


Dscf0336


Dscf0346


Dscf0352


11月 19, 2008 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)