« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月22日 (日)

菜園づくり〜プロフェッショナル登場〜

前回、1日かけて芝生をはがしたのですが、
その後、はがした芝生がもったいないので、活用できないかと、
うちの庭で、お世話になってる庭師の三竿さんに電話しました。

すぐに、現場を見に来てくれて「これは大変じゃなぁ〜」と
菜園づくりの話をしていたんです。

で、いろいろと話していると、土も入れなければならないし、
これは少し、掘った方がいいねということになって、

結局、翌日、ユンボが登場することになりました。

ユンボというのは、いわゆるショベルカーです。

三竿さんのところの若い衆がトラックでやってきて、

さっそくユンボで掘り起こしが始まりました。

2009_0219ac

意外や意外、掘ってみると、たくさん土が出て、
結局、トラックで2回も土を捨てに行くことに。。。

なぜ、この土をそのまま活かさないかというと、
うちの庭は、表土はいいまさ土だったのですが、
10センチも掘ると、ガレや小石の多い土で、
スコップも、いちいち、この石にひっかかって、
上手く掘れないほどだったのです。

2009_0219ai

それにしても、やっぱり文明の力です。
そして、プロフェッショナルです。。。

あっという間に、土が取り除かれました。

こんなことなら、なんで最初から、ユンボでいかなかったのか。。。
まあ、そうは思ってなかったので・・・
人生なんて、そんなことの連続だなあ。。。

次回は、質の良い土が入ります・・・・

2月 22, 2009 心と体 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

本格的な家庭菜園プロジェクト

遂に、本気で始めました。。。

ずっと前から、作ろう作ろうと思いながら、
なかなか作れなかった家庭菜園・・・

ようやく重い腰をあげて、動き出しました。。。

10年以上前に、庭の一部に一坪ほど、野菜を作ったことがあったのですが、
どうにもこうにも、何も知識がないままにやって、
輪作もよくわかってなかったから、
病気になったり、虫にやられたり、もうさんざんでした。

ここ数年は、またまた、庭のほんの小さなスペースで
キュウリやミニトマト、ピーマンやキャベツなどをつくり
できは悪いけど、なかなかおいしい新鮮野菜を収穫していました。

が、しかし。。。

遂に、自慢の芝生の一部をはがし・・・

家庭菜園で、食料自給率アップに挑むことにしました!・・・笑

畑のサイズは、およそ、9坪くらいかな?

芝生をはがして土を入れようと思っていたので、
丸1日かけて、芝生をはぎました。。。

しかし!これでは土の深さが足りないのではということで、
いつもお世話になっている庭師のおじさんに登場願い、
ユンボを導入、結果、最後まで、おじさんに手伝ってもらうことに。。。

三竿のおじさんありがとう!!

そんなわけで、家庭菜園づくり、開墾編です。

この日は、春のような暖かさ・・・Tシャツで十分でした・・・
芝生をはがすのは、大変な作業だと気づくのは、もう少し後。。。
これだけの芝生も、いい値段するんですよ。。。

2009_0215am


カミさんと二人でやってますが、この辺りすでに、二人とも腰に来ています・・・

2009_0215au


休憩中、思い立ったように、芝焼きをしました・・・今の季節、風物詩・・・

2009_0215bd

というわけで、ここまではがしました。。。
夕方までには、全部を除去。。。
そして、翌日、庭師のおじさんの応援を求めることに。。。なります。

2009_0215bh


続きは、明日・・・


2月 21, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

遅読派です。。。

これまで、いろんな本を読んだけど、
う〜ん、正直、3千冊以上かな。。。

少ないかもね・・・

でも、ホントのところ、全部読んだってのは、ウソ!

あと10年くらいすれば、4000冊以上を読みましたっていえるかな・・・

1万冊以上読んだという知人やそのように語っている人がいるけれど、
これは、ほんとにスゴイね。

その人が90歳近くだったら、まあ、読めるかも?

でも、大体そういう人って30代だったりする。。。

もう、速読以外、方法はないと思うんだけど、
僕の場合、本を読んだってのは、しっかりと内容を理解して、
読み終わった後に、う〜ん。。。なるほど・・・

著者は、そう考えたのか。。。にゃ〜る。

僕だったら、こういう考えをもつかな・・・とか、
う〜む、、、共感するなあ。。。

そうそう、そうよねぇ〜いうよねぁ〜(死語かしつつある・・・が)


と、いうような読み方を言うわけで、そう考えたら、ホントのとこ
1000冊は読んだと思うけど・・・2000冊って言うとやばいかも。。。

後は、スキャニングやとばし読み、斜め読みとかってね、
そういう方法・・・

でも、そんなんでも、内容はだいたいOK!
特に、ノウハウ本はそうね。

でも、やはり、じ〜んと味わいたい本は、じっくり読みたい。。

本は、基本、じっくり読む派です。

だいたい、最近、本当に思うんだけど、
もうね。昔の人がほとんど大切なこと書いてるし、言ってるよね・・・

僕も、本を出したいと思うんだけど、なんかね。
僕が書かなくても、先陣の素晴らしい本を紹介してあげた方が、
その人のためになるなって。。。笑

まあ、そうはいっても、僕なりのメッセージってあると思うけどね。。。
そういいながら、もう、文字情報や言葉の情報はいいんじゃないって・・・

いろんな人のいろんなお話しが聞ける、読めるのは、その多様性ゆえに幸せな世界。

そういう意味では、多様性が活性するという意味で、こうした情報爆発は賛成。
でも、それって、こうしたネットとかブログとかで、担われて、どんどんフリー化するんだよ。

僕にとっては、やっぱり、ここのところは、老子だね。

何度読んでも、何回も読むからこそ、いや〜老子先生。。。

深いぜ!ディープだぜって。。。

この先生には、本当にかなわない。。。

一生ついて行きますって。。。いいたいよ!先生!

2月 18, 2009 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

全てはひな形

世の中のすべては、象徴に現れる。

今回の中川外務大臣の記者会見には、強いショックを受けた。

一国の代表者が、あの大事な会見であのような姿を見せたことは、
とても信じられないし、信じたくない出来事。

でも、現実だ。

問題は、彼自身ではなく、彼という立場の人間が、
あのような姿勢で臨んだ背景に何があるのかが大事だと思う。

お酒か、薬かはわからないけれど、

いずれにしても、しらふではないわけだ。

いま、日本という国は、彼が象徴しているように、
どこか異常だ。。。

日本だけじゃない。。。世界は、これまでのパラダイムから
本格的に転換のピークを迎えようとしている。

旧世界の世界観や価値観で生きる人たちにとって、
新しい世界は、とても生きにくい世界になることは間違いない。

新しいパラダイムを生きるためには、
新しい価値観を生きるしかない。

いま、多くの人々が、その新しい価値観とは何かを模索し、
時代にうまく転換できないでいる。。。
その混乱が、今後ますます、現象として現れて来るだろう。。。

まず、できること。
それは、まず、今の価値観を手放し、起こりうる全てを受け入れること。。。

そこから新しい世界がスタートする。

旧世界の上に、新世界は築けない。。。

破壊と創造は、両方セットなのだ。

2月 17, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)