« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

思いこみ

事実と妄想はまったく異なる。

僕たちは、妄想の中に住んでいると思ってもいいかもしれない。。。

みんな、こんなのあたり前だとか、これは常識だろうなんって言うけど

あたり前も、常識も本当はない・・・

何かを定義するときは、その尺度となる価値基準が必要だ。

その価値基準が何かによって、常識なんて簡単に変わってしまう。

温泉で、素っ裸でも公然わいせつにはならない・・・

混浴でもだ・・・笑

未開の民族は、芋虫だってへっちゃらで食べる。

奇怪な儀式も彼らには大切な日常。

戦場で人を殺しても、殺人罪には問われない。。。

自宅で爆弾をつくると犯罪だけど、

国家が核爆弾を作るのは、国を守るためという価値基準がある。

世の中には、もともと常識なんて存在しない。

そこに関わる人間同士の利害関係で成り立つ関係性の中に

自我を表現したい人たちの欲望の産物とも言える。

事実とは、ただそこで起こっていることだけ。

でも、そこに色をつけるのは、僕たちだ。

自分の中の勝手な定規を持ち出して、物事を判断する。

自分に都合が良ければGOOD!

都合が悪ければBAD!

都合の善し悪しは、自分が思い通りになるかどうか・・・

自我は束縛が大嫌い。。。要求も大嫌い。。。

わがままで身勝手なのが一番。。。やりたい放題の暴走機関車

でも、そんなことをすると、しっぺ返しを食らうと思いこんで、

恐れを抱くのも自我の面白いところ。。。

自我は、善悪の判断装置。

現世的に生きるための生存装置。。。

妄想の発生装置だろう。。。

妄想を手放し、事実だけを見てみよう。

妄想を感じたら、なぜ、そう思うのか、感じるのかを見つめてみよう。

妄想を手放すところに、平和と安らぎがあるのだ・・・

6月 29, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

なすびの収穫

エリコさんの親戚でなすびを作っている農家があって、

うちから15分くらいのところ。。

ビニールハウスのなすびは、この時期が収穫の最後で、

後は、ナスの木!?を全部倒して、耕して、来年に備えるわけ

そんでもって、最後だからって、好きなだけ穫ってかえってってことで

毎年、この時期、いただきに行きます。

このナスは、千両ナスといって、この地域の特産で、

この辺りを走る広域農道を千両街道というくらい

あちこちで生産してる・・・


何しろ、ビニールハウスの中は、暑い・・・

Tシャツとかだと、ちくちくするからつなぎで・・・

もう、汗だっらだら・・・サウナ状態。。。

でも、いっぱい収穫しました!


スタッフや仲間、近所に差し上げますが、、、

当分は、ナス料理が続きそう。。。


Photo


Photo_2


Photo_3


6月 28, 2009 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

最高の徳

すぐれた才能を持っている人が「道」に耳を傾けたとき、熱心にそれを行う。

普通の人が「道」に耳を傾けたとき、それを信じるように見えるが信じていない。

最も劣った人が「道」に耳を傾けたとき、大声で笑う。

笑わなかったら、それは「道」ではないかもしれない。

だから、『建言』にある。

理解しないように「道」を理解せよ。

そこから出てくるように「道」の中に入れ。

困難があるかのようになめらかに「道」とともに動け。

最高の徳は、徳でないかのようである。

全てを包む徳は、怠けたぶらつきのようである。

真の本性は空であるかのようである。

大いなる白は、黒であるかのようである。

大いなる方形には隅がない。

大いなる容器は、できあがるのが遅い。

大いなる音楽には音がない。

大いなる象(イメージ)は形がない。

「道」は隠れたもので、名前がない。

しかし、「道」はあらゆるものに援助を与え、

成し遂げるようにさせるものである。


老子の思想 張 鐘元 訳上野浩道
講談社学術文庫

6月 25, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

1000億×1000億

「1000億」なんて聞くと、すぐにお金をイメージしてしまいそうだけど。


なんだと思う?


僕たちは、太陽をまわる地球に生きてる。

太陽を中心とした太陽系。
この太陽系は、銀河系を2万6千年という周期で1周するんだよね。
こんなの、どうやってはじき出したんだろうっていつも思う。

だって、この周期、マヤ文明とか、もっと古い古代インドのベーダンタでも
すでにこの周期がわかってたんだから。。。

いまでこそ、宇宙物理学者が科学的にはじき出すんだろうけど、、、すごいね。

僕たちの銀河系には、いくつの星、つまり、太陽のような恒星があると思う?


その数実に1000億もあるらしい。

もっと驚くべきは、そんな僕たちが暮らす銀河系のような銀河が、

宇宙には、なんと1000億もあるという。

1000億×1000億=100兆 ・・・気が遠くなる・・・

この数は、地球上の砂粒全部の数だっていうのを聞いたこともあるけど

そう考えたら、マネー経済でふくれあがった数千兆円というお金は
どういう量だって思うね。やっぱ、お金にいくか・・・笑

宇宙には、とんでもない数の星と銀河があるわけだ。

天文学的数字と言うけれど、宇宙の大きさは、人知を超えてる。

ドレイク方程式って知ってるかなあ・・・

1961年にアメリカの天文学者 フランク・ドレイクによって提唱された方程式

宇宙にどのくらい地球外知的生命体がいるかを推定する方程式で


とまあ、一見難しそうだけど、ようするに

N :我々の銀河系に存在する通信可能な地球外文明の数
R* :我々の銀河系で恒星が形成される速さ
fp :惑星系を有する恒星の割合
ne :1 つの恒星系で生命の存在が可能となる範囲にある惑星の平均数
fl :上記の惑星で生命が実際に発生する割合
fi :発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
fc :その知的生命体が星間通信を行う割合
L :星間通信を行うような文明の推定存続期間

ということです。

詳しくは、ウィキペディアでもご覧あれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドレイクの方程式

で、ドレイクさんは、宇宙に知的生命体は、1万ほどの知的生命体がいると言ってるらしいけど

かの有名な、アメリカの天文学者であり作家のカール・セーガン博士は、

カール・セーガン博士→http://ja.wikipedia.org/wiki/カール・セーガン

計算をやり直して、その数 100万 という数字をはじき出してた。

う〜む・・・

夜空に100万の知的生命体の住む星があるのかあ。。。。

どう思いますか。。。

やっぱ、思うんだけど、この宇宙には、地球人だけじゃないって・・・

そんなのあたり前だと思うんだよね。

まあ、だからといって、宇宙人が地球に来てるって話は別とも言えるけど・・・


僕は、UFOも信じてるし、それが地球製ってのもあるだろうし、

いわゆる宇宙人の乗り物ってのもあるんだと思う。

僕たちは、とかく、今の科学技術をベースにものごとを考えるけど、

そこがアイデアの限界、創造力の限界だと思う。

何しろ、地球より1億年先に進んでいる世界があったら、
いや、たった1000年進んでいる世界でも、

どんだけの科学技術を発見しているかわからない・・・

まあ、ほとんどの星がそこに行く前に、何度も失敗してるんだろうけど。

人生を生きる上では、実はそんな世界は一切関係ないんだけどね・・・

外の世界、外の宇宙よりも、内なる世界、内なる宇宙に全ての答えがある。

地球外知的生命体もいいけど、自分内精神的創造体を探してみる方が早いんじゃないかなって思う。

お金もかかんないしね。。。

やっぱ、オチはお金か。。。笑

6月 23, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

知識では変われない

知識は何の役に立つんだろう・・・

世界は、確実に便利になったし、高度な科学技術で

僕たちは、わがままで快適な世界を創造してきた。

こうした世界を創造するために、知識はすごく役立ってきた。

知識は、論理的な思考に役立つ。

知識があればあるだけ、論理はより高度に、複雑になっていく。

知識は、内側にはない。

だから、本を読んだり、見聞きしたりして、知識を身につける。

すべて、外からやってきて、身につけるもの。

いわば、洋服みたいなものだ。

知識があれば、幸せに生きられる。知識があれば、注目される。
知識があれば、経済的に豊かになる。知識があれば、危険を避けられる。
知識があれば、人生をよりよく生きられる。。。

本当にそうだろうか・・・

知識は何のためにあるのだろう。

知識は、恐れから開放してくれるだろうか?
知識は、安心を与えてくれるだろうか?
知識は、人を癒すことができるだろうか・・・?


人はなぜ、知識を求めるのだろう。

知識は、時間と空間の中にある。
知識は論理を助け、論理は、知識なしにはなりたたない。

時間と空間は、四次元的世界であり、
知識と論理はそこでしか役に立たない。

五次元以上の世界での情報は、あまりにホロニックで、
僕たちが生きる四次元世界(空間と時間)では、表現することができない。

時間という概念は、瞬間が引き延ばされたもの・・・

瞬間を永遠に引き延ばしてできるひずみに時間がうまれる。

すべては、一瞬の出来事だし、永遠の出来事でもある。

本質世界そのものには、時間というものは存在しない。

そこにあるのは、バイブレーションだけ・・・

こちらの世界からはバイブレーションに見えるけど、
実際には、バイブレーションではない。

ただ、存在があるということ。

クルマは、運転免許を持っている人は、ほとんどの人が運転できるけれど、

ジェット戦闘機のコクピットに座って、
果たして、飛ばすことができるだろうか?

計器をみても何が何やらさっぱりわからない。
エンジンをどうスタートさせるのかすらわからないものだ。

多次元的世界とは、実はそうした世界。
それは、あくまでも我々の生きている四次元世界から見ると・・・

ただ、使えるパワーやアイテムに制限をかけているだけ。

死後、肉体的制限が外れると

あっなーんだ、簡単じゃんって
戦闘機のコクピットに座って、自由に飛ばして、扱える自分に気づく。

死を待つことなんてない・・・

制限を外せば、本質的な自由があり、存在がある。

自分は、クルマしか運転できないと思いこんでいるのは、

あなたの固定的な観念でしかない。

あなたの存在を解放しよう。

あなたを自由にして、あなた自身、内なる自分を解放しよう。


6月 19, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ネクター

植物の機能は素晴らしい。

どんなに適当に水をかけても、その水は必ず

大きく広げられた葉っぱを通じて、

その幹へと流れ、幹の下へと送られて

幹の根元に注がれていく。

葉っぱは、ただ光を受けて、光合成し、二酸化炭素を得て呼吸するものと

思っていたけれど、実は、水の流れをコントロールするデザインになっていたのは

これまで気がつかなかった。


植物は、無数のデザインがあり、湿気を好むものから、

乾燥を好むものまでさまざまだ。

僕は、アリゾナでよく見る乾燥帯の植物が好きだ。

葉とは言っても、針葉樹のようなかたちのものが多く、

肉厚があって、表面には薄い起毛がある。

乾燥に耐えるように肉厚があり、水分をため込んでいる。

そして、わずかな空気中の水分をキャッチできるように

針のようなかたちで表面積をかせぎ、起毛は湿度からも水分を逃さない。

薄い起毛のおかげで、葉緑素の緑が柔らかくなり、

全体にモスグリーンの味わい深い色彩となる。


植物を見ていると、そこに神の創造を見る。

それは植物だけではなく、動物もそうだ。

昆虫をみていても、素晴らしい。

先日、カフェでお茶していると、テントウムシのような小さな甲虫がいた。

よーく観察すると、すごいメカニズム。

規則正しく6本の脚を動かしている。

こんな小さな虫が、こんなメカニズムを持って動く。

どんなにハイテクを使っても、いまの科学技術ではこのサイズ精度では作れない。

こんな時、神の存在を感じざるを得ない。


話を戻そう。

畑の野菜たち、植物は、それぞれに、それぞれのやり方で、水を受け取る。

この姿を見ていると、僕たち自身が、宇宙から得るエネルギーの受け取り方を見てるようだ。

果たして、僕たちは、どんな葉っぱを広げて宇宙のメッセージを受け取っているのだろう。

神の存在を信じていない人にとって、その葉は広げる意味のないものかもしれない。

神を求めてやまない人にとって、葉は大きく広げられているのかも知れない。

しかし、現実として神そのものである僕たちは、そのままで、

自然な葉の広がりをしていて、きちんと自分の魂にそのエネルギーを戻していけるように

デザインされている。

だから、植物が、さまざまなかたちであるように

僕たちの魂も様々なのだ。

大事なことは、そうした仕組みとデザインがあるということを知り、

それを通じて偉大なる神酒(ネクター)が魂に注がれているということだ。

Photo3


6月 16, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

田植え

友達のエリコさんの自然農法の田んぼの田植え

参加し始めて、今年で4年目。

要領はうまくなったけど、なかなか体力が必要。。。

初日は、苗床から苗をはがしたり

株を一本一本わけたりと、下ごしらえが大変。

なんとしても、すべて手作業にこだわるエリコさんなので

致し方なく文明の力に頼らず、古代農法のような

田んぼを一切耕さない、不耕起栽培。

苗床を外して、鍬で調整してたら、出てくる出てくる巨大ミミズ

20cmサイズ!

大変なのは、これから・・・草取りがなかなかM心をそそります・・・

里山の山間の小さな棚田で、今年はどんな稲が育つのだろう・・・

みなさんお疲れ様でした。

Photo2


6月 15, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

そのままでいいって言えますか?

僕は、夢や成功を追いかけてきた時期があった。

あんな風になりたい。こんな風になりたい。

経済的にも、社会的にも成功して、影響力も持ちたいと思った。

やり方が分からず、いろんな本を読んで、いろんな知識を詰め込んで

知った気になってた。

いくらかは、うまく行ったように思うけど、

でも、現実は、僕が理想とした姿には、およびもしない。

なんで、思うようにいかないのか。。。

うまくいってる人をうらやましく思ったり、妬んだりもした。

でも、いくらがんばっても、理想には、なかなか近づけず

人も傷つけ、自分も傷つけて、大切な仲間も失ったかもしれない。

そして、ある時、気がついた。

自分がやりたかったこと、本当に求めていたのはそういうことではなかった。。。

でも、自分がやりたいこと、やりたいやりかた、
求めていたことを行って、生きていけるのかという恐れがあった。

それで、何度も、現実を見ようと、現実に戻ろうと、また、一生懸命頑張る。

でも、現実は現実ではなかった。

本当の現実は、自分の気づきの内にあって、そんな気づきを無視して、

それは現実ではないと否定してきた。

でも、逃げても無駄。進めば進むほど、その方向や選択肢は狭まって、

他の選択肢が少なくなってくる。

そして、振り返ると退路もどんどん絶たれてくる。

気がついたら、もう、その道しか残されていない。


結局、そうなるから、それまでに何をしてもかまわないし、
好きなようにやりたい事をやればいい。

でも、結局、なるようにしかならない。

だから、道は、どんな道を通ってもOK!

迷っても一緒。どの道選んでも、必ず約束されたタイミングで、
そこにやってくる。

だから、やってもいいし、やらなくてもいい。
どっちでもいい。

やりたいときにやればいい。
やりたくなければやらなくていい。

ずっと、何もしなかったら、必ず、何か動き出したい時が来る。

しんどく感じるのは、やりたいことをやっていないから。

本当に好きなことをやってたら、疲れを忘れて没頭するから。

僕は、昔は、夢や望みを叶えようと頑張ってきたけど、
そこに、僕の本当の望みはなかった。

ここにいること。自分でいることの安らぎや平安は、
とてもパワフルで、エネルギーがわき起こってくる。

何かになろうとしないこと。

何かにならなければいけないというのは、幻想。。。

自分である事の喜びは、すべての望みを叶えてくれる。

6月 11, 2009 心と体 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

バゲージクレーム

人生に必要なものは、必ず向こうからやってくる。

ただそこで待ってればいい。

回転寿司のお寿司みたいなもんだ。

ターンテーブルになければ、注文してみよう。

メニューにあるものは、品切れでなきゃ、引き受けてくれる。

でも、大丈夫。

宇宙には、品切れなんてないんだから。

僕は、よく飛行機に乗るけど、

荷物を手荷物で預ける。

バゲージクレームで、荷物を待つのも人生を楽しむ、いいひと時だよ。

焦る必要なんて無い。

人生は、なるようにしかならないんだから。

他人の荷物がどんどんコンベアに乗って出てくる。

みんな急ぎ足に、自分の荷物を探して、受け取っていく。

まだ出てこないといらだっている人。

こういう人に限って、荷物が出てこない。

あげくに、ゴムのカーテンの仕切りの際までいって、

中をのぞく勢いで、待ってる人もいる。

でもね、そんなことしても、必要なタイミングでしか荷物は出てこない。

だって、コントロールしてるのはあなたじゃないから・・・

誰だって?

神様?

違うよ。

コンベアのスイッチを入れる係員と荷物をそこに載せる係員。。。

彼らは、それが誰の荷物だなんて、お構いなしだ。

だって、彼らの仕事は、コンベアを動かし、荷物をコンベアに置くだけ。

荷物が無くなれば、それも、彼のせいじゃない。

そこでいらだつのは、あなた自身だ。

いらだつ必要もなく、荷物が出てこないことを

担当の係員に言えばいい。

それだけで、解決に向かうでしょ・・・

あなたの荷物は必ずどこかにある。

無くなる可能性の方が圧倒的に少ない。。。

待ってれば出てくるんだよ。

そこにいるだけでいいんだ。

待っている時間をどう使うか・・・

そんな贅沢なひとときは、あなたの思い一つで自由に創造できる。


6月 10, 2009 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

PCの電源壊れた。。。

あ〜二度目の修理。。。

僕のPC・・・マックブックプロの電源が遂に壊れた。。。

バッテリーも元気で、
電源コードをつないでいればOKなんだけど、

電源コードを外すと、7分〜8分で、スコンッって、落ちる。。。

ウルトラマンのカラータイマーは3分・・・
カラータイマー鳴りっぱなしってこと?

これは、自分状態を象徴しているのかな。。。

電源コードつないでないともたない・・・・

バッテリーは生きてるのに、

それって、酸素ボンベ背負ってるけど、レギュレーター壊れてて
エアパイプをつけながら、海潜ってるのと同じ。。。笑

さあ、僕の電源は、どうなってるのだろう。。。

PCは、とても繊細だから、持ち主の意識状態に繁栄して、
象徴的なことが起こることが多い。

まあ、僕のマックは、僕のパンツくらい、身近なものだからね。。。

PC直せば、俺も治るか。。。爆

6月 8, 2009 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

マン・オン・ワイヤー

感動や美しさって、理由のないところにある。。。

ぜひ、見てみたい。

そして、みんなに捧げたい映画になると思う・・・

ありがとう、プティ。

あなたの生き方に、僕はとても共感するよ。。。

http://www.espace-sarou.co.jp/manonwire/index.html

42


6月 3, 2009 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)