« 種の中に大木がある | トップページ | マインドゲーム »

2009年7月 9日 (木)

泥を落として楽になる


子供の頃、雨上がりの工事現場のようなところで、
地面は、あちこちに水たまりがあって、
そんなところで遊んでいたら、スニーカーに
だんだんと泥がくっついてきて、場所によってはぬかるみで
ズボッと足を取られてしまったりと、よくそんなことがありました。


あなたはそんな経験はないですか?


ぬかるみは、当然歩きにくいわけです。
泥だらけの靴も、重くて歩きにくい。


クルマでもそうですが、ぬかるんだ場所を走行するには
四駆や戦車のキャタピラーみたいなのが必要になったりします。
ぬかるみでも平気な乗り物があります。


これって、人間の魂も一緒です。

ぬかるみに強い魂とぬかるみに弱い魂があります。

クルマで言えば、速く走るための最高峰のクルマはF1ということになります。
しかし、このF1は、サーキットしか走れません。

法律の問題以前に、一般道は、ギャップや陥没、荒れた舗装や坂道など起伏に富んでいます。
F1は、サーキットという最高に整備されたコンディションで、
しかもF1が走れる基準を満たしたサーキットでのみ走行できるのです。

一般道で走ったら、車体の底部のアチコチをクラッシュして、
ほんの少し走っただけでも、車体を痛めてしまうほどデリケートです。

それに比べて、ジープのような四駆だったら、とんでもない悪路でも、
何とか走破できるかも知れません。

とても繊細で、その才能を100%発揮するには、
F1のサーキットのような、整備された環境が必要な魂もあります。


どんな環境でも生きることができる魂もいます。


でも、どれがいいというわけではありません。
それぞれがあると言うことです。

ぬかるみに弱い人は、ぬかるみをあるかないことです。
挑戦しても苦労するだけです。
ぬかるみをやめて、整備された場所に行きませんか。

そして、まずは、泥を落としてください。
するとスッキリして、楽になります。

世の中は、心の世界の象徴です。
だから、ほとんどの道がアスファルトになっているように
整備された場所もまたたくさんあります。

もう、ぬかるみを歩いて苦労することは必要ないと気づいてください。

いま、この瞬間を楽しいと感じるところを生きてみるのはどうでしょう・・・・

7月 9, 2009 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/45581734

この記事へのトラックバック一覧です: 泥を落として楽になる:

コメント

コメントを書く