« そこに全てがある | トップページ | シャーマンの世界 »

2009年8月12日 (水)

魂って核があると思ってたけど。。。

魂って、自分の存在の中心だと思ってた。

基本的には、自分という存在の座であり、中心ではあるんだけど

その魂の中心は、イメージ的には、ぽっかり空洞になっていて、

僕たちの3次元世界から見ると、ちょうどリングのようになっているみたい。

う〜ん、こんな何の根拠もないことを言っていいのかなあ。。。

まあ、証拠は何もないので、信じないでくださいね。

ただ、魂を理解するためのイメージくらいに思っておいてください。

そもそも、本質的な世界は、3次元的な空間世界ではないので、
リングという形態そのものでは表現できないのだから。。。
その段階で、ウソだよね。。。


まあ、理解のための手段として、リングの内側は、何もなくて、
ボイド(虚空)なんです。


Photo

でも、この虚空こそ、人間の知性を超えたバイブレーションの世界であって
そこは、人間には理解できないカタチで、満たされていて、
とんでもない情報量に満ちています。

以前、僕たちの銀河系には、1000億の恒星があるって書いたけど

そんな銀河が、宇宙空間には、1000億もあるらしいのね。

とんでもない数なわけで、宇宙の広がりってどんだけよって思うわけです。

だから、この情報量って尋常な意識で考えたら、
もう、人間の思考は、一瞬にして焼き切れてしまう、いや、存在が消滅してしまうほどの
情報量なんだと思うんだよね。

なんで、虚空なのかって、そこには理由があるってことです。

素人がプロ野球選手の剛速球を打てないように、
素人がF1を乗りこなせないように・・・

それぞれに扱えるレベルがあるということ。

僕たち、人間は、人間である以上、どんなに天才であっても、
たかが人間のレベルなんですね・・・宇宙の前では。。。

で、言いたいのは、そんな話じゃなくて。。。笑

そうそう、そのリングなんだけど、

そのリングは、受信機なんですね。

つまり、魂ってのは、思考があって、何か自分の根源的な意志みたいなものがあると思ってるんだけど、

実は、その根源的な意志は、全部、その虚空の中にあって、
そのリングの傾向が、それぞれの魂として意識的に知ることができる
意志の限界ということになるんです。


その意志の傾向を決めてるのが、このリング状の魂で。。。

それは丁度、テレビみたいなもの。

ある人は、モノクロテレビかもしれないし、ある人はハイビジョンででっかいプラズマテレビかもしれない。

そんでもって、ある人はスカパー!まで見えるかも知れないし、
録画も自在にできるかもしれない。。。

受信がすごくクリアな人もいれば、受信がうまくできなくて、
録画した映像を繰り返し流してる人もいるかもしれない。。。

国内のテレビは周波数が異なるので、見れないテレビもあるだろうし。。。

結局、情報はいつも発信されているけれど、
その情報をどうやってキャッチして、表現するかは、自分の魂の特性によるわけで、

ある人には、映る番組が、自分には映らないと言っても、それはその人それぞれの特性なわけです。

だから、魂そのものが受信機で、その受信機の特性がどう決まるかは、
これまで生きてきて、何度も何度も転生してきた中で、
本来の魂の軸に、綿菓子のように絡んで、創り上げてきた魂のカタチに従うわけです。

今生の人生は、自分で選んで生まれてくるそうですが、
僕もそう思っていて、でも、それをどう選んでいるかってのは、
実際に意志として選ぶと言うよりも、その傾向から結果的にそうなってるというのが近いニュアンスだと思います。

つまり、鍵穴のカタチにあったカギしか鍵は開かないわけでね。。。

そういう意味で、決まっているといえるわけです。


いずれにしても、魂がリングのようなもので、受信機であるというもののようなんだけれど・・・

3次元的に表現するのは、難しいね。。。


8月 12, 2009 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/45908207

この記事へのトラックバック一覧です: 魂って核があると思ってたけど。。。:

コメント

コメントを書く