« エネルギーの奪い合い | トップページ | 怖れは存在への危機感情 »

2010年3月26日 (金)

本当の自分を生きることと怖れ

心を扱う言葉として、正確な言い方ではないのですが、
本当の自分と本当ではない自分=演じている自分があるというのは、
意外に知らない人も多いものです。

でも、少し自分の人生に目を向けてみれば、
仕事や人間関係、住んでいる環境や生き方そのものなど、

本当はこんなの嫌だな、なんで自分の人生はこんなのなんだろう?
もっと自分らしく生きたいと、自分の人生を振り返る人も多いと思います。

ほとんどの人は、創り上げた虚像、本来の自分ではないけれど、
生きるために培ってきた知恵を持った自分を生きています。

もし、あなたの身の回りの世界が、完全に安全で、安心して生きられる、
真の平和の中にあって、その中に生まれ、育ってきたならば、

世界が自分の存在を脅かす場所ではなく、身体への危険も、
生存への不安もない場所なら、

私たちは、何の不安や怖れを覚えることなく生きられるはずです。

私たちは、怖れをどこかに抱きながら生きています。
それは、無意識の中に抑圧している怖れだと、
顕在意識では気づいていないことも多いかも知れません。

いま、私たちが抱える怖れとは、生存(死への怖れ)や身体的、精神的な痛みです。

私たちは、痛みを避けて、快楽を得たい存在です。

快楽を得る前に、痛みを避けます。
痛みを抱えたまま、快楽を求めるということはほとんどないでしょう・・・

痛みは、危険を理解するためにあります。
それによって身を守ります。

私たちは、痛みがあることで今日まで生存し、種を保存してきました。

そう考えると、怖れとは、生存し、命をつなぐために必要なものだったのです。

恐れを克服するために、生きるための機能として備わっているもの、
人類の身体的、意識的な成長のプロセスの中で、育んできたものが、
この自分という存在を、世界に、社会に、人間関係に適合させるための
安全装置としての『アイデンティティ』なのです。

そして、そのアイデンティティが、自分にとって、あまりにもリアルで
自分にとって馴染みがあるために、アイデンティティそのものを
自分自身だと思いこんでしまっているのです。

本当の自分を生きるとは、本当の自分を思い出すことから始まります。

やりたいことをやって生きる。

これも本当の自分を生きることかもしれませんが、
やりたいことというのは、実は、生きるための知恵であるアイデンティティが
生存するためにやりたいと思っていること、思いこませていることかも知れません。

本当の自分ってどんな自分でしょう・・・?

本当の自分を生きると言うことは、

アイデンティティの鎧、または、服を脱ぐと言うことです。

パーティーに出かけるときに、周りの人々に、よりよく自分を見せるために
華やいだ、おしゃれなドレスやスーツに身を包むように

アイデンティティも同じように、周りの環境に対して、
自らの外側の自分、アダプターとしての自分を作ります。

世界に対する怖れや生きる事への怖れを手放すことができれば、
本当の自分、そのままで生きることができます。

許可なく自分らしさを生きていいし、
そんな自分を許さず、許可を与えてないのは、
他でもない、自分自身なのです。

怖れとは、自分の心がつくり出す幻想です。

怖れという感情はあっても、本当は怖れる実体はありません。

だから、僕たちは、怖れとは何か?
なぜ、怖れるのか?
何に怖れているのかを深く見つめてみなければならないでしょう。

怒り、いらだち、許せない気持ち、焦り・・・

豊かさも、利便性の追求も、
貧しいと感じたり、不便であるという思いからの怖れから発していると言ってもいいかもしれません。

怖れとどう向き合うかは、本当の自分を見つめる意味でも
とても大切なことなのではないでしょうか・・・

3月 26, 2010 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/47914045

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の自分を生きることと怖れ:

コメント

コメントを書く