« 本当の自分を生きることと怖れ | トップページ | 内なる世界がすべて »

2010年4月 4日 (日)

怖れは存在への危機感情

怖れとは実体のない感情。存在が脅かされる時、存在の危機を感じているだけ。存在の本質は永遠なのに。怖れは、肉体生命としての存在の危機を知らせる安全装置。肉体生命に宿るふるい記憶。何に怖れを感じているのか見つめて見よう…


4月 4, 2010 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/47990977

この記事へのトラックバック一覧です: 怖れは存在への危機感情:

コメント

コメントを書く