« いつも平和でありたいね | トップページ | 相対性って・・・ »

2010年7月28日 (水)

Dr.パルナサスの鏡とインセプション

昨日、映画インセプションを見に行った。

ストーリーがちょっと複雑で、理解できなくなるところもあったけれど、

後半で、ストーリーが一気につながって、なるほどとわかった。。。

いくつか気になるところがあったけれど・・・

例えば、睡眠剤のようなもので、仲間たちや相手と一緒に睡眠に落ちていくことはわかるけれど

だからといって、どうやって他人の夢に入っていくのかがわからなかったり

言い出せばいろいろとあるけれど、まあ、それを無視してもいいだけ

面白い映画ではあった。

この映画はいろんな見方ができると思うけど

僕にとっては、現実って何?

というのをすごく考えさせられた。。。

これは、マトリックスでも同じで、いわば、

ディカプリオ版のマトリックスで、そのマトリックス空間を自分で創造していくことができ

さらに潜在意識の領域に絡んで、自分の無意識が夢の世界では空間や現れる人物やものとして反映される。

これは、タルコフスキー監督の惑星ソラリスとも通じる。

夢の世界を自由に創造し、コントロールして、構築できれば、

何もかも思うようにできるから、そちらの世界から現実に戻りたくなくなる。

現実世界に失望した人が、刹那的にこの世界を垣間見ると

そこから出たくなくなるのも当然かも知れない。。。

これは、現実世界から逃避したくて、スピリチュアルな世界に足を踏み入れ 妄想と現実の区別がつかなくなるような場合も同じ事。 インセプションでは、自分が現実の世界にいるのか、夢の中にいるのかがわからなくなるときに ある方法を使うのだけれど、思いこみの世界に入り込んでいるのか 客観的に、自分を見つめられるのかどうかはとても重要なことだ。

Dr.パルナサスの鏡も面白かった。

パルナサス博士の鏡の世界では、自分の潜在意識で思っていることが具現化する。

怖れを持っている人は、その怖れを具現化し

愛や喜びを感じている人は、その人なりの喜びの世界を創造する

描かれる世界は異なるけれど、

ある意味でよく似た考え方の映画とも思えた。

いずれにしても、こうした夢の世界と現実の世界。

僕たちが現実と思っている世界は、時間と空間の世界で、
そのための制約があると思っている。

こうした現実は、思いこみだと完全に理解できたら、

この現実世界でも、物質を出現させたり、消したりもできるだろうし、

世界を自分が思うように創造できることがわかると思う。

いま、目の前に拡がっている世界や自分の人生を彩る様々な出来事は、 すべて、あなたが創造しているもの。

あなたの生きる世界は、あなた次第なのだ。

7月 28, 2010 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/48996074

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.パルナサスの鏡とインセプション:

コメント

そうなのだ

投稿: 茶利芋 | 2010/07/28 14:57:58

コメントを書く