« 表現したいことを表現する・・・ | トップページ | 溶岩パワーで毒だしてきました。。。 »

2010年7月17日 (土)

ヒキガエルとパラレルワールド

昨日、友達と会食して、駅から代々木のマンションへの帰り道。

いつもの公園の前の道で、男女のカップルがいて、

女の子がしゃがみ込んで、何かを携帯カメラで撮影してたんです。

何だろうと思って、見てみると、なんと、ヒキガエル!

体長15センチ近くはあろうかという、大きなカエルでした。


アスファルトの上を歩いている・・・なぜ?


公園には、木々はあるものの、住宅地の隙間の小さな公園です。

周囲は、コンクリート・・・

どこからやってきたのか・・・?

そして、どこへ行くのか・・・?


不思議に思いながらも、横目に見ながら、マンションに帰りました。

途中、何度も、珍しいから、自分も携帯で写真撮ろうかと考えながら。。。

結局、マンションの玄関で引き返し・・・

再び、公園に戻ってみました・・・

この間、わずか、2分少々だと思います。


しかし、そこにはすでにヒキガエルはいなくて、(あ〜あのとき撮っとけばよかった・・・)

もちろん、カップルもいません。

なんとなく、公園にいた数人の人々も、違う人のようにも思え・・・

何しろ、その場の空気が違う。。。


それで、ふと思ったんです。

パラレルワールド・・・


僕たちは、いくつもの平行世界があって、選択によって、その平行世界のレールを乗り換えている。


平和な意識を持った人は、平和な世界を体験し、

怖れを持った人は、怖れの世界を体験する。


でも、何らかの意識の影響で、コンピューターソフトのバグのように、

突然、別の次元世界を体験したり、垣間見たりすることがあるかもしれません。


普通に歩いていて、突然、時空のポケットのように、

そんな場所に迷い込んだような体験はありませんか?


僕のお友達のNさんは、ワシントンに住んでいたときに、街角を曲がったら、

突然、空気が変わって、人の気配がなく、異様な感じがして、

そのまま歩いていると、31アイスクリームに何人かの人がいて、よく見ると

みんな顔が半魚人だったらしく、気がつけば、街にいる人はみんな半魚人だったようです。

彼女は、慌てて、車を止めてあった元の場所に、急いで戻ったらしいのですが、

その角を曲がると、また、普通の街の様子だったそうです。


不思議な話ですが、僕は、とてもリアリティを感じています。

こうした体験について、お酒のせいや何かの薬だとか、疲れていたとかなんとでも言えます。

でも、大切なのは、こうした体験がどうあれ、本人の体験として起こっていると言うことです。


昨日のヒキガエルも、どうしてあそこにいたのか・・・

あのヒキガエルは、カップルのペットで、路上撮影のために、連れてきていたのだろうか?
これは、十分あり得ます。ヒキガエルは、ペットに最適です。
のそのそと動きが鈍いカエルです。

もう一つは、側溝などを住処にして、繁殖している?

ヒキガエルは、山間の自然が豊かなところにしか生息しないと思うのだけど
繁殖以外は、木々の木陰にいるようです。


いやいや、一瞬パラレルワールドだったのかも。。。笑

似たような経験、何だか変な時空に入ったような体験はありませんか?

7月 17, 2010 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/48896519

この記事へのトラックバック一覧です: ヒキガエルとパラレルワールド:

コメント

コメントを書く