« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月17日 (火)

高校生セミナーで講演してきました!

高校生のパワーはすごい!&とっても楽しかった〜!

ロミさんこと中野裕弓さんが、主催する高校生セミナー。

毎年夏に小田原で行われ、今回5回目は、小田原から始めて地方、岡山でやることになり、
全国から応募してきた高校生が集まって、3日間の合宿セミナーというかたちで行われるのですが、

協賛企業や個人などのサポートによって運営されているので、
参加する高校生は全て無料です。
OBやボランティアがお手伝いしています。

この高校生セミナーでは、毎年ゲスト講師が招かれていて、
今回は、ゲスト講師でお呼びいただき、
お話させていただきました!

今回の内容は、スピリチュアル一切なしで・・・笑

僕の本業であるブランドづくりやデザインについてのお話を中心に、
創造すること、アイデアについてお話しました。

よく考えたら、本業のことで人前でお話するのは、ほとんどなくて、
とっても楽しかったので、こちらのセミナーもまたやろうかなって思ったり。。。

それにしても、高校生のパワーはすごい!

彼らに、仕事のことをどのように話せばいいか。。。
専門用語をできるだけ少なく、わかりやすく説明する。。。

とてもとても勉強になりました・・・

最初は、まあ、なんとかなるだろうと思いきや、
こちらから質問しても、無反応。。。笑
だんだん、みんなの表情が硬くなっていく。。。

うう〜、やばい。。。

ジョークを交えながらも、滑り・・・
指名すれば答えてくれるも・・・キレ悪く・・・

これは、ちょっと専門的な話になりすぎてるなと、
切り替えて、僕の中学時代くらいから、いまの仕事をするようになった経緯などをお話すると、
だんだん、反応が良くなってきて。。。

やっぱり、彼らにとって、身近な話題でいかないとわかりづらいんだなと・・・
当たり前ながら・・・やりながら学びました。。。

講演の前に、32人の参加者やOB、サポートする方々と一緒にお食事。。。

娘以外の高校生と一緒にご飯を食べる機会はないので、
とっても新鮮で、楽しかったです。

いろんな話が聞けて。。。みんなかわいい!(男子もです!!)

その後、彼らのパワーが炸裂した、チームビルディングのゲームを応援して、
それから、僕のお話でした。。。みんなパワーを使い果たしていたのでしょうか・・・
数人が、うつらうつらしてました。。。まあ、午後2時ですから。。。仕方ないか。。。

終わったあと、みんなでティータイムをしました。

その時、何人かみんなの前に出て、お話を聞いて、とても刺激になった、面白かったという発言あり!

えええ〜マジ!こんなに深く響いてたのか・・・

実は、帰った後で、ロミさんが教えてくれたのですが、
みんな、チョ〜真剣に聞いてくれていたようで。。。。

堅いのは、まじめに、真剣に聞いていたからだそうで。。。うう・・・涙

そうだったのか〜・・・!

ありがとうみんな!・・・涙

最後にみんなで写真を撮って、お別れしました!

実に素晴らしい体験でした!

高校生・・・いいですね!

すごく元気をもらいました!

僕も、またひとつ、シフトした気分です!

ロミさんありがとう!
運営チームのみなさん、OBのみなさん、応援のみなさん、

そして、参加した高校生の皆さん!

本当にありがとうございました〜!

8月 17, 2010 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

ペースを落とすと、違う世界が見える

宇多田ヒカルさんが、アーティスト活動を休止するという。

やめるのではなく、休止して、人間活動に専念するということらしい。

彼女のデビューからこれまでの活躍、活動はとても興味深い。

彼女の天才性だけでなく、彼女が持つ独特の世界観や生き方、ものの見方など、

単なるヒットメーカーではない何かを感じていたけれど、

これまでの活動を休止して、人間活動に専念するということには

さらなる興味をかき立てられた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/宇多田ヒカル

ロックスターという映画がある。

この映画、僕の大好きな映画のひとつ。
マーク・ウォールバーグ主演で、ちょっとコメディ風サクセスストーリーだけれど、
ラストシーンがいい。。。

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id236198/


ある意味で、宇多田ヒカルさんの活動休止に似てるのかな。。。


僕が好きなのがもう一つあって、言えば、いっぱいあるんだけど。。。

ベンジャミン・バトンで、ブラピがどんどん若返りながら成長していく過程で、

20前後くらいの容姿になった頃なのかな?

彼は、妻子?結婚してたっけ?

と離れ、旅に出る。。。子供がいて、自分もどんどん若返り、最後は、子供を二人も面倒を見なければいけなくなる。

だから、彼は彼女の元を去るのだった・・・


そんな彼が、インドか、ネパールかをバックパックで旅しているシーンがあって、

どういうメイクか、特撮技術か・・・

完全に、若いブラピが、好奇心一杯の顔で、旅する姿に、僕の理想の姿をイメージする。

ブラピはどうでもいいけど、、、そのバックパック姿。。。


自由に生きるって、経済的なものは、本当はどうでもいい。


パイレーツ・オブ・カリビアンで、海賊ジャックスパローは、
いつも文無しでも、必要とあらば、お金はついてくる。。。笑

まあ、彼の場合は、盗むわけだけれど。。。拝借か・・・


経済ってもっとスリムになってもいいと思うな。。。

肥大化した欲望がためのいまの世界は、ほんの5%節制するだけで、
相当違う姿に変わると思う。


活動をやめる・・・

一度、立ち止まって、自分を見つめる時間は、必要だよね。。。

8月 11, 2010 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

挑戦することについて

挑戦するというのは、人によって、その挑戦度合いというものが様々だけど

エベレスト登山に挑戦するとか、
ヨットで世界一周とか、
いわゆる冒険的に挑戦するものもあれば、

初めてのサーフィンに挑戦するというのもあるだろうし、

司法試験に挑戦するというのもある。

その人にとって、これまで考えても見なかったことや
ちょっと自分のレベルにはかなわないかもという

やすやすと超えられないところに取り組むことが挑戦と言うこと。。。

人類の挑戦は、留まるところを知らず、

命がけで何かを達成しようという、挑戦者たちも多い。

例えば、命がけで、何かに挑戦する人の動機や価値観、モチベーションはなんだろう。

その行動の背景には何があるんだろう。。。

なぜ、それをやるのか。。。


世界最高峰のエベレストに挑んで、エベレストで命を落とした登山家ジョージ・マロリーは、

「なぜ山に登るのか」と記者に問われ、

「Because,it is there」(そこに山があるから)と答えたのは有名な言葉。。。

このマロリーさんの有名な言葉は、取材陣の質問攻めに答えるのが面倒くさくなって、
その場しのぎに答えたものだったそうですが、

やはり、行動の背景には、彼の価値観を形成した、

親子関係や家族の文化とカルマ、育った地域社会の文化やカルマ、
時代の中での彼の環境があったのだと思います。

彼がこの世に生まれてくるときに、そのような人生のシナリオを描いて来たのもあるでしょう。


こうした冒険者たちは、みんな命が惜しくないのか、
命に関わることは怖くないのかと考える人もいるでしょう。

これも人それぞれで、絶対に死にたくない、死への怖れは常にある。
でも、どうしても挑戦したい・・・その挑戦への思いが、死の恐怖を克服させている・・・
そんな場合もあるし、

死について、怖れは何もない。
それよりも、挑戦することで、いまこの瞬間瞬間の興奮や熱い情熱、エネルギーを感じ、
死と隣り合わせにあるからこそ、その生を思う存分感じるというような感覚もあるでしょう。


登山に関しては、いまは、ウェアを始め、装備がハイテク化して、相当進歩しているので、
その点で、昔に比べるとはるかに登りやすくはなっていると思いますが、

それは、ヨットで世界一周などもそうです。

GPSなどのハイテク機器もあれば、船の性能も違うでしょう。

でも、自然はそんな甘くありません。

人間も装備が良くなれば、また、その先に挑戦したくなります。

ただ、その限界が先に伸びただけで、その限界に挑まない人類ではないのです。


僕の場合は、これは、多くの人がそうなのかもしれませんが、

限界への挑戦は、正直苦手です。

サーフィンでも、オーバーヘッドの波になると、もうめんどくさくなります。
もちろん、波質によるでしょうが・・・

オーバーヘッドでも、フェイスがガッチリきまっていれば、難易度は全然違います。

ただ、何か無理をして挑戦することが好きじゃないんですね。。。

やっぱりなまけものなのでしょうか。。。

自分の心地いいところをいつも探しているようです。

それも挑戦とも言えますが。。。


そんな僕の行動や選択でも、ある人から見ると、スゴイ!って言われたりします。

適当に生きているわけではないけれど、

力を入れるのもどうよって感じで・・・


さら〜っとやりたいんですね。。。

昔は、相当、価値証明な人間だったので。。。そうやって、価値を証明することは、
自分の今回の人生のテーマではないと悟りました。。。

いかに、そうしたやらなければっていう、MUSTなエネルギーを手放すか、
そうやって、手放して、手放して、何もしなくてもいいんだよ〜って

それでも、幸せはあるよ〜って

それでもいいんだよ〜って、

自分を許してあげたい。。。

でも、もし、何かしたくなったら、その時は、やったらいいよ〜って

でも、途中でやめてもいいよ〜って・・・

やるって言ったのにやらない。。。それでもいいじゃないですか。。。

気分で決めたっていい・・・

全部、全部、許せる・・・OKだよ・・・そんな人生になったらいいなって。。。

いつも思うんですよね〜・・・

8月 1, 2010 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)