« カミーノのステージ | トップページ | カミーノでの不思議な出来事・・・ »

2010年12月13日 (月)

100年自動車

10年ほど前に、友達のハシモトくんと一緒に、
三菱自動車のコンペに作品を出したことがありました。

テーマは「100年自動車」。

残念ながら、賞は何ももらえませんでしたが、
提案した内容は、いま見ると、改めて時代を捉えていたなと思います。

ネットで当時の受賞した作品を探したのですが、
古すぎるせいか。。。出てきません。。。

大賞は、なぜか、移動するオフィスカーのようなもので、
ボディがクリアなガラス製で、移動しながら仕事ができる
というようなものだったと記憶しています。

僕はまったく納得できませんでした。。。
なぜなら、なぜ、それがテーマの100年自動車ということになるのか。。。!?

まあ、仕方ないです。。。それが審査員の皆様の考えなので。。。

デザインは、ハシモトくんと一緒に考えて、イラストはハシモトくんの手によるものです。
いやあ、さすが、上手いですね。。。

彼とは、シャープ時代に同期入社で、当時、2人で最先端の製品デザインをやってました。
最先端の製品なのか、最先端のデザインなのか・・・笑

両者、若手ナンバーワンと言われ、惜しまれながら辞めていったのですが。。。笑

まあ、この辺は、ご想像にお任せします。。。


さて、このクルマはとってもユニークです。

何がユニークかというと、本当に100年乗り継いでもらうには、
どうすればいいかを真剣に考えたんです。

まあ、コンペティションだから、真剣なのは当たり前ですが。。。

いまから(当時)、100年前というと、驚くことに、クルマが誕生した時代です。
1885年に、ガソリンエンジンを使用したベンツの3輪自動車が発明され、販売されていました。
1907年には、アメリカで有名なフォードT型が発売。

そう考えると、100年先というのは、どれほど変わるのかなと考えるわけです。

そこで、僕たちが考えたのは、おでん屋さんの出汁のようなクルマという発想でした。。。

さて、そのお味とは。。。・・・続く

3

1s

2s


12月 13, 2010 100年自動車 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50290156

この記事へのトラックバック一覧です: 100年自動車:

コメント

コメントを書く