« カミーノでの不思議な出来事・・・ | トップページ | 説明はいらないというパラドックス »

2010年12月15日 (水)

100年自動車 その2

100年自動車の続きです。。。。

おでん屋のだし汁のようなクルマとは何か・・・

それは、メンテナンスをしながら、ずっと乗り継がれるクルマなんです。

老舗のおでん屋さんは、創業以来出汁を変えたことがないというお店もあります。

出汁を変えなくても、結果的には、ずっと継ぎ足しているんです。

創業時からの出汁がいまに残っているわけではありません。

でも、そこには、同じ味、作り方が営々と続いているように、

このクルマも、ずっと基本コンセプトが受け継がれながら、
少しずつモデルチェンジもするかもしれないし、

古くなったパーツは交換されていきますが、基本的な設計の構造はずっと残っているものという考え方です。

だから、数十年後、100年後には、パーツも変わっているし、ユニットも変わっているかもしれないけれど、部品を交換しながら、ずっと乗り継がれていくというもの。

実際に、いくら整備しても、100年同じクルマを維持することは、ほぼ不可能です。
これから先の時代に、材料技術がもっと進歩すれば可能性もあるでしょうが、
やはり、ブレーキやサスペンション、動力部分、電気系など、
交換が必要になってくるものがでてきます。

このクルマの面白いところは、たくさんあります。
デザインも特徴的で、好き嫌いが分かれると思いますが、

そもそも、全ての人がこのクルマに乗ることは思ってもいません。

成熟化していく社会で、より個性的で、その人にあったクルマが求められます。

そういう意味でも、カスタマイズできるて愛着のわくコンパクトカーは個性的である必要があると思います。

このクルマの魅力のひとつは、メーカーは、基本ユニットやパーツを販売するというものです。

地域のディーラーや自動車整備やさん、個人でもOKかまいません。
現地でユニットが組み立てられ、整備されます。

基本的に、組み立てには、しかるべき、研修とライセンスが必要です。
個人で組み立てる場合は、ライセンス取得の認定を受けた技術者が、検査して、
問題なければ、何らかの確認書を発行します。

この仕組みなら、国内の地方の整備屋さんも仕事ができるし、
いまだ、開発がこれからというアジア地域を中心に、

製品のパーツ供給によって、地域毎に、組み立て作業ができるので、
仕事を発生させることができ、完成品を買ってもらうよりも、
地域経済の貢献になります。

地元の整備工場毎に作ってもらうので、地域でのコミュニケーションも高まります。

これからの時代に、カーシェアリングなどでも、駅などの人が集まる場所や住宅地など、
ちょい乗り利用に、このコンパクトカーは活用できるし、
エンジンユニットは、EV=電気駆動ユニットに変えることもできる。

クルマで走る楽しさも、原点に戻って、クルマとの関係性そのものを
考え直して見る必要があるかもしれませんね。。。

3


12月 15, 2010 100年自動車 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50306789

この記事へのトラックバック一覧です: 100年自動車 その2:

コメント

コメントを書く