« 説明はいらないというパラドックス | トップページ | 最近の僕の生きるイメージ »

2010年12月27日 (月)

カミーノのメッセージ

旅も半ばに差し掛かった頃、ベロラードという小さな町に着きました。

日曜日だったせいか、町ではマラソン大会が行われ、
カミーノの道を示す矢印どおりに進んでいくのですが、

街中には、各所でコースを示す黄色の帯というかテープが張り巡らされ
それらをくぐって行かなければいけません。

コースに入ると、子供や大人が走ってくるので、
わずかばかりの応援者を気にしながら、コースを横切ります。

途中、テープが、リュックにひっかかったりして、
難儀しましたが。。。笑

町の中心の広場に小さな教会があり、ドアが開いていました。

どんな小さな村、町にも、必ず教会があるので、普通は気にせず通り過ぎるんですが、
なぜか、教会に入りました。

中には、三人くらい、地元の方がいて、お祈りを捧げていました。

最後列の長いすに座って、休憩をとっていたのですが、
何気に、思いつくところがあって、ノートを取り出すと、
どんどん思いが湧き上がり、メッセージとなって、書き始めました。

それが、以下のものです。

------------------------------------------------------------------------

神の声は、特別なものではありません。

あなたは、神の声をこれまで区別していました。

神には段階はなく、そのままですべてなのです。

あなたは、いろいろなものを区別する傾向があります。

時にそれは役立ちますが、本質に近づき、本質を生きようとするあなたにとって、

もう区別は必要のないものとなるでしょう。

神は大きくもあり、小さくもあります。

神の声は、あなた自身の声であり、すべての人の声です。

これからあなたは、あなたの役目に気がついてくるでしょう。

もうあなた自身が気づいていることですが、

それはより明確になってきます。


サンティアゴへの道程は、あなたにとって、少しきついものになっていくかもしれませんが、

無事最後まで終えてください。

私は、再び、あなたに語りかけます。

あなたが空っぽになっていれば、いつでも私の声が聞こえるはずです。

私の声を人々に役立ててください。

でも、決して、私の声を神の声と言わないように。

人々はまだ準備できていません。

あなたが空っぽの時、いつもあることを知ってください。

空っぽの大切さを、多くの人々は思い出していくでしょう。

私は、あなたにとても感謝しています。

あなたは、あなたのままでいい、何も変わる必要はありません。

すべての人がそうです。そのままで完全です。

今は、それだけで十分でしょう。

旅立ちなさい。ありがとう。


------------------------------------------------------------------------

何か、突然、イメージが湧いて、ペンを持ってノートに一気に書きました。

適当にただただ思いつくままだったのですが、

読み返してみると、とても深いメッセージです。。。

空っぽというのが、すごく気に入ってます。

カミーノのメッセージですが、これは・・・・

カミノメッセージ=神のメッセージ ということでしょうかね。。。笑

Photo

12月 27, 2010 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50413253

この記事へのトラックバック一覧です: カミーノのメッセージ:

コメント

Robin、ほんとに深いメッセージだね!

「空っぽ」はボクにとっても大切なキーワードなんだ。

だからブログのアドレスにも「空っぽの船」 emptyboat を使ってるんだよ(^^

投稿: MASATO | 2010/12/27 22:09:02

遍路で会ったさちこです
以前ロビンさんがお留守だったとき
ソフィさんにお世話になり、ありがとうございました
今ロンドンにいます
久しぶりにブログ拝見しました
私も今「区別」をなくす生活を目指しています
観念が自分を仕切り、自分の可能性をさまたげていたことを実感しています
今はそれも今に至る糧であったと感じすべて感謝しています
「区別」の壁が小さくなってきたからか・・・
ひとりではできないことも
共に志す仲間がいて想像できなかった可能性が開いています
ロビンさん、ソフィさんとまたお会いできたらいいなと願っています

投稿: さちこ | 2011/01/07 12:29:26

コメントを書く