« やっぱりシンクロは不思議! | トップページ | 100年自動車 »

2010年12月12日 (日)

カミーノのステージ

9月〜10月にかけて一ヶ月かけて、
スペインのカミーノ・デ・サンティアゴを歩いてきました。

フランスのピレネーの麓、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
ピレネーを越えて、西の端のサンティアゴまで、約800キロを歩きました。

一日平均、25キロ〜30キロ

最終日は、45キロも歩いたのですが。。。

毎日、ひたすら歩きます。

聞くと、結構大変そうに思えるんですが、
確かに、歩くのはそれなりに大変なのですが、
次第に体も慣れてくるし、想像していたよりも大丈夫でした。

何よりも、おいしいワインに楽しい仲間たちとの出会いのおかげで、
こうしてしばらくたって思い返せば、懐かしく、
楽しかった思い出ばかりが残っています。

膝から下の足が、慢性的に筋肉痛になり、帰ってからも当分痛みが取れませんでした。

カミーノを歩くのに、あまり事前の情報を調べては行かなかったのですが、
現地で、たくさんの友達ができて、世界中から集まる彼らから
いろんな情報をもらいました。

必要な情報は必ず、届けられるのです。

中でも興味深かったのは、カミーノは3つのステージがあると言うことです。

フィジカルステージ、マインドステージ、スピリチュアルステージです。

実際に、いま思えば、上手く、そのようになっていたなと思います。

最初の1週間から10日くらいは、どんどん新しい友達ができていきます。
友達の輪が拡がって、また、北部スペインという環境も、歩く旅も何もかも、
すべて新鮮で、とても楽しいのです。

歩き始めなので、それなりに、身体的に辛い部分もあり、
体の変化や調子を伺いながら、身体的な部分や身の回りに起こる外的な現象に注意がいき、
そういう意味でもフィジカル=物質的なステージとも言えます。

その次は、マインドステージです。
次の10日くらいは、そろそろ人間関係の変化が訪れます。

歩くペースはさほど変わらないので、何度も顔を合わせるような人もたくさん出てきます。

そのうち、どうも感覚が合わないというような人も出てきて、
ペースをあえて変えてみたり、自分自身、それまで、外にばかり向けていた意識がから
次第に内面を見つめるようになります。

そして、最後の10日くらいになると、
スピリチュアルステージです。

次第に、自分自身を見つめるようになった後で
旅の終わりがそろそろ見え始めます。

そんな中で、この旅がどういう意味だったのか、
自分にもたらしたものは何なのか、
この旅の後、自分は、どうするのか、何を期待するのかなど、
深い意識を見つめるようになります。

旅の中でも、時折不思議なシンクロが起こったり、
最初の頃に別れた友人と再会したりする中で、

自己との対話の中にいる自分に気がついたりします。

もちろん、人によって、何を体験し、何を感じるのかは、異なると思いますが、

旅のステージはそのように別れているといいます。

まあ、カミーノにかかわらず、人生そのものが、そのようなステージに分かれているし、

あらゆる出来事は、このようになっていると思います。

そうして考えてみると、いまの自分の状況がわかり、
焦ることなく、先を予測することもできるということです。。。Michi_3


12月 12, 2010 カミーノ・デ・サンティアゴ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50281481

この記事へのトラックバック一覧です: カミーノのステージ:

コメント

導かれるまま着きました。ベルギー在住のアルメリアです。
今年夏に訪ねたストンヘンジと同じエネルギーを放つサイトですね。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿: アルメリア | 2010/12/17 23:07:09

初めまして
お友達に和田さんのサイトを教えて頂きました。
私もカミーノに行きたいとずっと思っていて
なぜか来年行きたいと希望しているので
こちらのブログでいろいろとお勉強させて頂きたいと思います!
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: アヤ | 2011/06/18 22:05:31

あらら、ブログに投稿するも。。。
じっくりコメントとか見てなかったです。。。すいません・・・

アルメリアさん、ベルギー在住とは。。。ありがとうございます!

アヤさんは、つい先日ですね。。。ありがとうございます!
カミーノは、僕の場合は、歩いて、飲んで、歩いて飲んで。。。でしたが・・・笑 すぐにみんなと友達になっちゃうので、楽しいことばかり!
いつも、また、歩きたいなあって思います。
いまも、友達になった人たちとは、フェイスブックなどでつながって、情報交換してるし・・・

何だか、苦行めいたことを書いた本も多いですが、いまは、快適なトレッキングという感じでしょうか・・・

老若何女様々。。。中には、自己と向き合って、苦しい方もいるのも事実ですが・・・みんな何かそれぞれに思いがあって、ここを歩いているようです・・・

投稿: Robin | 2011/06/26 13:44:22

コメントを書く