« 100年自動車 | トップページ | 100年自動車 その2 »

2010年12月14日 (火)

カミーノでの不思議な出来事・・・

スペインのカミーノを歩いて、不思議なことが何度かありました。

その中でも、一番驚いたのは、ログローニョでの出来事です。

ログローニョという街は、比較的大きな街で、人口15万人。
この辺りは、ラ・リオハ州という、質の高いワインの産地として有名で、
このログローニョは、ワインカントリーの州都とも言われている街なのです。

街の中心には、なんと、ワインの噴水があります。。。本物か?

Photo

ところで、その不思議な出来事とは。。。


巡礼者だけが安く泊まれる、巡礼宿というのがあります。
それを、アルベルゲといいます。

アルベルゲは、5ユーロから10ユーロくらいで泊まれます。
中は、だいたい二段ベッドがあって、一部屋に何人も一緒に泊まります。

Photo_2

アルベルゲの話もいろいろあるのですが、今回は、置いといて。。。

アルベルゲの受付で、巡礼者が持つ巡礼手帳にスタンプを押してもらい、
宿帳に記録されます。

このログローニョのアルベルゲは、比較的大きな施設だったので、
多くの巡礼者がどんどん来るせいか、事務処理の関係上、
巡礼手帳とパスポートを一時的に預けることになりました。

翌日、出発して、約8時間歩いて、次の宿泊地、ナヘラに到着しました。

ナヘラに着く前に、旅で仲良くなった友達と会い、一緒にアルベルゲに到着。
早速、ナヘラのアルベルゲに行って、受付でスタンプをもらおうと思ったら。。。

なんと、巡礼手帳とパスポートがありません。

しまった!ログローニョのアルベルゲに忘れてきてしまったのです。

友達に聞くと、みんなその日の夜までには、巡礼手帳とパスポートを取りに行ったそうです。。。

みんなすごく心配してくれたのですが、
僕自身は、なんてことはなく、まだ、時間も夕方5時前だったので、
町のバスターミナルに行き、なんなくログローニョ行きのバスに乗り込んで、戻りました。

8時間もかけて歩いたのに、バスは、ハイウェイを使って、わずか30分でログローニョに。。。

Photo_3


ログローニョのバスターミナルに着いたのはいいのですが、
ここからアルベルゲの位置がさっぱりわかりません。

それで、バスターミナルのインフォメーションに行きました。

インフォメーションは、小さな円形の筒のような建物の中におばさんがいて、
男性が二人並んでいましたが、

おばさんが電話していて、一向に電話が終わる気配がありません。。。

どう見ても、世間話です。。。笑

しびれを切らせた男性の一人は、怒って立ち去りました。
もう一人のおじさんは、何かをおばさんに言うと、
おばさんは、机の下から一枚の地図を取り出して、おじさんに渡しました。
観光マップです。

前日に、ログローニョに着いたとき、街の入口の観光案内所でもらったものと同じもののようだったので、

それ自体は、手元になかったのですが、それがあればわかるのでもらう事にしました。

おばさんは、相変わらず電話を話しませんが、言うと、同じように机の下から地図を取り出して、
無愛想に渡してくれました。。。

それがこの地図。。。

S


なんと、驚いたことに、ボールペンで、バスセンターからアルベルゲまでの道順が書かれているではありませんか!?

これには、驚きました!

おばさんが、なんらかのことで描いていたものが、しまわれていたのか。
それとも、同じような人が多いので、事前に描いて置いておいたのか。
でも、おばさんは、僕がアルベルゲに行くとはしりません。
それとも、天使の導きか・・・・


いずれにしても、道順が簡単にわかったので、といっても、ぜんぜん難しくなかったのですが。。。笑

時間に余裕があったので、もう一度、おいしいワインとタパスを味わって
ナヘラに戻ったのでした。。。


12月 14, 2010 カミーノ・デ・サンティアゴ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50298445

この記事へのトラックバック一覧です: カミーノでの不思議な出来事・・・:

コメント

コメントを書く