« 花が咲くのも、花それぞれ | トップページ | 愛が満ちるとき »

2011年2月15日 (火)

起こっている出来事とは?

物事は、起こっている事実だけを見るのではなく、

その出来事が起こった背景やその裏側で何が起こっているのかを
同時に見ていかなければ、物事の真実はわからない。

メディアのニュースや情報は、限られたスペース=時間と出口で、
しかも、マジョリティ=多数の人々にわかりやすいように、
薄められた情報が伝えられる。

それだけではなく、情報を伝える側の意図が入る。

つまり、彼らが公正だと思っている、信じている価値観によるフィルターで伝えられるか、
意図的に情報が加工されて、届けられる。

彼らが公正だと信じていても、それは、例えば、日本、例えば、メディア会社の
信念体系の中で、限りなく疑いなくそれを表現していることも多い。

それを、ちょっと聞こえは悪いが、文化的マインドコントロールとでも言おうか。。。

すべての人は、この文化的なマインドコントロールを受けていて、

それが悪いことではなく、どの世界に住んでも必ず、その影響を受ける。

例えば、客船が遭難して、小さな少年が、たった一人、
絶海の孤島に流れ着いて生き長らえることができたとする。

そこで、半野生化しながら生きながらえたとして、

その彼は、人間社会という文化的なマインドコントロールを受けない。

しかし、彼は、ある時は過酷で、ある時は豊かな自然と対峙して、

その環境に適していく中で、文化的マインドコントロールとは異なる、

環境対応という、自然からのマインドコントロールを結果的に受けることになる。

自然は、コントロール、つまり、操作するという恣意的な意図はないけれど、

そのような環境に適応しようとする意味で、身体感覚の深い記憶の中にも
そのような価値観を内的体験としても、育てていくのだ。

話は、飛躍してしまったけれど。。。


いずれにしても、できごとの背景には、表に出ていない、それが起こっている何かがあって

常に、それを同時に見ていくように意識していけば、

表面的な出来事に反応するように、感情を惑わされることが少なくなるだろう。

物事を奥深く見ること=立体的に見ていくこと

どこまで深く見ていけるか、そうすることで、自分自身の行動や思いも、深く見つめられ、

人生を深く生きていくことができるのだ。

Photo


2月 15, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/50877206

この記事へのトラックバック一覧です: 起こっている出来事とは?:

コメント

コメントを書く