« 春を生きる | トップページ | 気づきはいつも注がれている。。。 »

2011年3月22日 (火)

モノって何だったのだろう。。。

今回の大震災と津波で、多くのモノが破壊され、流された。。。

想像を絶する強大な力の前に、なすすべもなく。。。

そもそもモノとは何か?

エックハルト・トールは、著書ニューアースでこう語る。

『多くの人は、モノに対する強迫的な先入観に生活の大部分を支配されている。

だから、モノの増殖が現代の病弊のひとつになる。

自分を生き生きとした生命体として感じられなくなると、

人はモノで人生を満たそうとする。

スピリチュアルな実践として自分を振り返り、モノの世界との関係、

とくに「私の(my)」という言葉を付されるモノとの関係を見直してみることをお勧めする。

例えば、自尊心が所有物と結びついているかどうかを判断するには、

注意深くて、正直でなければならない。

あるモノをもっているというだけで、なんとなく自分が重要人物だとか、

優れた人間だと感じないか?

何かが欠けていると、たくさん所有している人に劣等感を感じないか?

他人の目や他人の目を通じて自分自身に映る自分の価値を引き上げるために、

さりげなく自分の所有物をほのめかしたり、見せびらかしたりはしないか?

誰かがあなたより多く持っているとき、

あるいはあなたの大事なものをなくしたときに恨みや怒りを感じ、

自分が小さくなったように感じることはないか?』

あなたにとって、モノの意味とは何なのかを見つめ直す時なのだと思う。

3月 22, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/51192041

この記事へのトラックバック一覧です: モノって何だったのだろう。。。:

コメント

コメントを書く