« モノって何だったのだろう。。。 | トップページ | 変化は起こっている »

2011年3月24日 (木)

気づきはいつも注がれている。。。

これまでずっと変化していたのだけれど、

ここに来て、僕たち自身が体感するレベルまで、変化が押し寄せている。

変化への気づきは、段階的にやってくる。

自ら変化していこうとする人は、積極的に変化の中の気づきを得ていた。

気づきの芽があった人は、今回の出来事で芽生えたかも知れない。

気づきとは、コップに注ぐ水のようなもの。

コップが一杯になって、溢れたとき、初めてそれに気づく。

気づきは、常に注がれているけれど、

コップが満たされて、溢れなければ、気づかないのだ。

そのコップが何で満たされているかによって、

その人の気づきは異なる。

怒りで満たせば、怒りに気づき、怒りを手放して欲望へと向かう。

悲しみで満たせば、悲しみに気づき、怖れへと向かう。

愛に満たされた人は、喜びへと向かい。

受け入れることを満たされた人は、理解することへと向かう。

気づきは、人それぞれにあり、それぞれに必要な気づきは異なる。

だけれども、人は、その人それぞれの意識的な進化のステージへと向かうのだ。

いま、日本に生きる僕たちは、日本というエネルギーの中にいて、

そのエネルギーフィールドを再認識しているに違いない。

世界も、日本というエネルギーフィールドを改めて認識しただろう。

そして、いまもって、変化は、進行中だ。

それは、これまでさなぎだった僕たちが、蝶になって飛び立つまで続く。

怒りや悲しみ、怖れは、心の重石のようなもの。

飛び立つ準備ができていても、それを手放さなければ、飛び立つことはできない。

新しい世界は、精神の自由を手にすることになる。

意識がすべて。

すべては、意識がどう受け取って、理解し、感情と共に、それらをどう表現するのか・・・

それがさらなる自分の意識を生み出す。

すべては、気づくことから・・・

意識を積極的、ポジティブに向ければ、気づきに満ちた世界に生きていると知る。

Photo


3月 24, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/51205103

この記事へのトラックバック一覧です: 気づきはいつも注がれている。。。:

コメント

とてもいい言葉です。
感動しました。なぜならば私と同感そのものですから。
Are you thinking of making an English version?

投稿: マローン トーマス | 2011/03/24 16:21:24

コメントを書く