« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月28日 (木)

新しい世界へ

宇宙はいつも完璧なんだなって感じています。

出来事は、完全にシンクロしていて、身の回りの事象も、地球規模の事象も、

そして、宇宙も完璧にギアがかみ合って動いてる。

そうとしか、考えられないようなことばかり。

非科学的だという見方もあるけれど、
科学は、新たな発見により、世界観が変われば簡単にひっくり返ってしまうもの。

でも、僕たちの生きるこの世界では、不思議だけれど、
現実的に起こっている事がたくさんある。

多くの人は、その事実を見ようとしない。

今の人生に多少問題があっても、経験したことのない人生を選択する苦痛の方が大きいようです。

新しい世界を創造する人々は、海から陸に上がろうとする両生類のようなもの。

魚から見れば、快適な海で楽しんでいる方がいいのかもしれない。

でも、その海の水が、もう無くなりつつあるとしたら・・・どうしますか?

4月 28, 2011 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

特別と普通

何か特別なことをしなければ、世界に貢献できないと思い込んで生きてきました。

でも、普通に生きているということは、それだけで宇宙に大きな貢献をしていることだと気づきました。

そして、普通に生きることがとても難しいことだと言うこともわかりました。

仏教では中道を生きることを大切にします。

でも、一本のロープを渡る綱渡りは曲芸です。

特別なことをする方が簡単なのかもしれない。

だから、センターについて、いつも考えるのです。。。

4月 22, 2011 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

時代は、つながり。

時代は、つながり。

言い換えれば“絆”。

いま、僕たちが体験していること。

Facebookもつながり。

インターネットはその象徴。

一所からマスに発信するのではなく、それぞれがつながり、

その中からテキスタイルの模様のように真の情報が紡ぎ出される。

発電も同じ、家庭やコミュニティレベルで発電し、効率よく振り分けられる。

『シェア発電』というのはどう?

昔、お隣さんにお醤油借りたようにね・・・

核家族、孤立した社会からつながりの再創造へ・・・

4月 21, 2011 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

雨ニモマケズ

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

4月 3, 2011 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの出番。。。

表現するのが得意な人がいる。表現が苦手な人がいる。一見、何もしていないかのように見えるけれど、実はすごく考えてたりする。動くにはタイミングがある。三年寝太郎のように、動き出すタイミングは必要な時に訪れる。それを待ってていい。。。焦らないで大丈夫!

4月 3, 2011 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

放射能も当たり前。。。。

フジテレビの今夜のニュースジャパンを見ていて、とても違和感を持った。

ニュースジャパンだけではなく、すべてのマスコミのニュース、
その他の情報番組でもそうだ。

特に、今日のニュースジャパンでは、炉心溶融の可能性について
どうも、炉心が溶融している可能性があるとして、
炉心が溶けた模型を示し、さらに、冷却ができなくなった場合、

溶けた燃料棒はどうなるのか?
原子炉からどのように溶け出すのかを解説していた。

そして、「次のニュースです。。。」

おいおい、ちょっと待って!

どう考えても、燃料棒が溶けている。

つまり、メルトダウンが起こっているということ。
ただ、大量の水によって、なんとか維持しているということだ。

何が一番異常なのか・・・

それは、いま起こっている事が異常事態だと言うこと。。。

以前であれば、原発で、ちょっとでも事故があれば大騒ぎになっていた。

いまはどうだろう・・・

大量の放射性物質が大気中に、そして、海へ流れ出ているというのに・・・

情報を少しずつ出すことによって、いまでは、多くの人が情報に慣らされてしまっている。

確実に、これまではありえなかった放射性物質が降り注いでいるというのに、

基準値以下であれば大丈夫というイメージに変わっている・・・

これが一番恐ろしい。

今後、天気予報で、「今日は南西の風が強く、放射線量が強いでしょう・・・」

まるで、紫外線や洗濯指数を表現するように。。。

放射線量が普通のこととして伝えられ、

「あっ、今日はマスクしようかな・・・」

「あなた、今日は、放射線強いから、あまり営業でないで、気をつけてね。。。」

「裕太、今日は、お外で遊ぶのはだめよ。放射線強いから。。。」

そんな家族の会話が出てきそうだ。。。

人間の慣れというものは、恐ろしい。

それを知って、メディアでマインドコントロールしていることも恐ろしい。

メディアの影響力については、ものすごく研究されていて、
こういう時は、巧みにそのノウハウが駆使され、パニックを起こさせず、

次第に、放射能になれさせていく。。。それが一番気をつけなければいけない。

原発は、安全だというのも、プロパガンタであり、マインドコントロール・・・

人間は、痛みを避けて、快楽を得る。。。が心理と行動の基本。

痛みを避けること、それは、真実を知ること。そして、安全だと自分自身に自己催眠をかけていく。。。

事実は何なのか。。。

本当の真実を知り、それに自分なりにどういう考えを持って、対処していくのか・・・

いま、その選択が試されている。

違和感を持つこと。違和感を感じる感性を鈍らせないこと・・・

とても大事なことのように思う。

それがウソでも、繰り返されると、真実に聞こえるようになるのだ。。。

本当の事って何?そういつも問いかけてみよう。。。

4月 1, 2011 心と体 | | コメント (1) | トラックバック (0)