« 愛を越えて | トップページ | 気仙沼でのボランティア »

2011年6月13日 (月)

田植えの季節

毎年恒例の田植えの季節です。。。

友達の江里子さんの里山の谷間にある小さな田んぼ。

昨年は、苗床をすずめに荒らされ壊滅状態から何とか生き残った苗で、
いつもの8割程度田植え、、、しかし、さらに生育も悪かった上に、
最後は、田んぼへイノシシ乱入で、もうめちゃくちゃ。。。

収穫は激減・・・

自然というものの力を味わった年でした・・・

が、今年は一転!
苗の状態がとてもいい!

とってもしっかり元気な苗が育って、今年は元気に育って欲しいと思いながら・・・

田植えの人手不足なり。。。

結局、例年の半分くらいの人力で、みんなでがんばりました。。。お疲れ様でした!

一昨日は、後半曇りで、雨はやみましたが、昨日は、終日雨。。。

今朝、シャワーを浴びていて、お腹のあたりに二つ、虫さされのようなあとが、、、

昼前にカミさんが庭で叫び声。。。ヒョエー!ひるだぁぁぁ〜・・・

そりゃ昼だわ・・・

いえいえ、ひるって、蛭でした・・・昨日着ていたカッパから小さなヒルがでてきた。。。

ゲゲ。。。それって僕のカッパ・・・

信じられない。。。僕のお腹の虫さされのようなあととは、ヒルに吸われた痕だったんだ・・・

ギモヂワルゥ〜!

江里子さんも腕を吸われていたけど、まさかお腹にどうやって入ったのか・・・

まあ、ヒルに血を吸わせる瀉血療法ってのもあるから、そういうことで。。。

これからは、草刈りが大変な季節。。。
ぜひ、有志の皆さま、ぜひ、手伝ってくださ〜い!
おいしいカレーライス付き!


Photo

苗床から苗をはずし、一本一本苗を分けていきます。
最新の現代農業からすれば、ほとんど古代農法。。。。
手間と時間と体力。。。そして、何よりも精神力!

続けられるのは、お昼にみんなで食べる、
エリコさんのおいしいカレーライスがあるから。。。

Photo_2

こうやって、ひと苗ひと苗、大切に植えていきます。
田んぼは、耕さない農法、不耕起栽培なので、こんな風に草を刈るだけです。
刈った草をかき分けながら、硬い場合は、スプーンなどで穴を開けて植えます。

たくさんのカエルや虫やクモたち、イモリやヘビ、ミミズにヒル、
不思議な生物のオンパレードです。。。


6月 13, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/51934454

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えの季節:

コメント

不耕起栽培…初めて知りました^_^;
自然と共生なんですね(^J^)

えりこさんも相変わらず元気!そうで(*^^)v

投稿: 舞楽喜囲♪ | 2011/06/14 10:19:18

コメントを書く