« 神さまは一本釣り | トップページ | ビリーフを見つめる »

2011年8月 9日 (火)

大好きなことやるしかないね!

先日、TSUTAYAで、ウォール街を借りて来て見た。

前作から20年以上経って、その続編だ。

サブプライムクラッシュが基本的な内容だけど、

その後のリーマン・ショック、

そして、今回の世界同時株安。

ウォール街を見た後に、世界同時株安の展開に。。。

なんだか、予言でも見たような気がする。

僕も、過去に投資をやっていて、サブプライムでは少なからず影響があった。

それを機に、すべての株や債権などの投資をやめた。

いまも、一部塩漬けになっているものがあるけど。。。

投資のプロからすれば、これを機にやめるという典型的な選択はナンセンスかもしれないけど、
素人には、こうしたきっかけを逃すと、なかなかやめることはできないような気がする。

株でも、債券でも、FXでも、やっぱりどんな規模でも、一度はやってみるといい。
自分の内面をよく見つめられる。。。笑

僕自身の経験からすると、投資は、哲学が必要だと思う。

株価が上がって、利ざやを儲ける。
これは、株だけではなく、あらゆる投資の基本かもしれない。
もちろん、株は下がっても儲けられるんだけど。。。

でも、もし、お金儲けだけが狙いで、投資をするなら、きっとどこかで痛い目に遭う。

それは、市場は生き物だから、その変化に翻弄されて、
冷静な判断ができなくなってしまうからだ。

哲学、つまり、自分の確たる考えがあれば、その哲学に従って判断する。

何のために自分は投資をしているのか。。。

だから、優れた投資家は、買った株は、簡単には売らないし、買うときも、簡単には買わない。

短期で売買する取引の方法もある。これが悪いとは思わない。

こうした取引で、優秀な成績を上げている投資家もたくさんいるし、
その中で、哲学を持った人もいるだろう。。。

これは、マーケットの特性だからしかたがない。。。
博打のような側面もある。

ただ、投資の世界を博打にするのか、社会を創造していく、健全な資金供給の場とするのかは、
投資家の意識の問題だ。。。

投資の世界は、僕には合わない。
そう思えた僕は幸せだし、よかったと思ってる。
投資の世界についてではなく、僕が合うもの、合わないものがわかったということ・・・

自分に合うのか、合わないのかがわからなくなるのも投資の世界。
合うも、合わないも、儲かってしまうと、関係なくそこに居座ってしまう。

カジノのルーレットで、勝ちまくっているのに、席を立つ人がいないように。。。

でも、運気には流れがある。そこを見極められる冷静さが必要だ。
だから、僕は、博打も好きじゃない。合わないから。。。

そう、自分に合うことだけをやろう、、、、

自分が好きなことだけをやればいい。

自分が大好きなことは、お金なんて関係なく、一生懸命、魂を注げるのだから・・・

それが投資なら、それはそれで素晴らしい!

いっぱいお金を創ることが社会のため、世界のため、その人のためになる。

結局、人生で大切な事は、お金ではなく、
自分が大好きなことが、思う存分できているかどうかってこと・・・

でも、そうもままならないのが、現代という世界。

ならば、創造力働かせて、新しい世界を創造していかないとね。。。

大好きなことをやって。。。

8月 9, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/52434086

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなことやるしかないね!:

コメント

本当にそうですね
最終的になにをする? 何がしたい?
全てが満たされた時どうしたい?
そうでない今があるとしても 
好きなことをしたい! と思う事は大切だと感じますね
その想いが現実を引き寄せたり
自分の思考が自分を創り上げたり
好きなことしていきます!

投稿: TETSU-LAW | 2011/08/09 20:40:55

コメントを書く