« アラン・コーエンのセミナー~頑張るのをやめると、人生は豊かになる~10月5日(水)・6日(木) | トップページ | アラン・コーエンセミナー最高に充実した時間だった・・・ »

2011年9月25日 (日)

すごいリアルな夢を見た。。。

今朝方、すごいリアルな夢を見た。。。

カミさんに話したら、またかい!といわれた夢。。。それは・・・

またまた、UFOなのです。

僕は、なんでこんなにUFOの夢を見るのか。。。
気がつけば、高校生くらいからよく見てるのです。

結婚してから、UFOの夢を見る度にカミさんに話してきたので、
しかも、いつもチョーリアルで、いろんな夢があるのですが。。。

今回は、UFOだけではなく、世界の終わり編とのジョイント。。。笑

ちなみに、世界の終わりの夢もよく見ます。。。

いずれも、僕の深層心理やトラウマも関係しているとは思いますが、
それだけでは片付けられないビジョンやメッセージもあるように思えて・・・
あまり、深くそこんところは見ないようにしてますが、

まあ、この先、ちょっと荒れるなって感じで、万一のための防災の準備をする程度にみてますが、
いつ何が起こっても大丈夫なようにだけはしておきたい。

それは何よりも心の準備、内面の準備でしょうか・・・

心がいつも平和であれば、自分にどんなできごとが起こっても平和なのです。

そのための準備と言えます。

さて、本題のUFOの夢ですが、時間と共に薄れつつありますが、
とてもリアルな夢でした。

全部話すと大変なので、というのが、とてもストーリーが整っていて、
夢にありがちな話が飛んだり、変化する感じじゃなかったのです。


シーンは、家族である街の高層ビルらしきところにいます。

そこで災害が起こります。大きな津波が来て、とにかく上に向かいます。
エレベーターが止まっているので、多くの人たちと階段を上がりますが、
なぜか、階段が途中で終わっていて、天井しかない。

そこに、水が渦を巻いてどんどん上がってきます。

すると、天井に人一人通れる天井裏に行くための蓋になっているところを見つけ、
なんとかそこを開けて、中に入ります。

すると暗いのですが、ビルの内部構造になっていて、
そこをみんなで進んでいきます。

登るような感じじゃないんですね。。。コードとかよけながら。。。

そして、いつの間にか、大きなリビングのような、何も無いオフィスのような
広いスペースに出ます。

大きな窓があって、すでに一番高いであろうところに来ていました。

いやな予感がして、空を見ると、黒っぽい球体のような、円柱形のような物体が飛んでいて、
来たなって思ったんです。

そして、柱の陰に隠れながら、状況を見守りました。
すると別のUFOもいて、それは白い半透明の楕円形のようなものなのですが、
それも、いくつもいます。

思い切って窓にたって、写真を撮って、するとその室内に怪しげな装置があって
それが彼らのロボットだったようで、写真を撮ったら電磁パルスで、カメラが丸焦げになってしまいました。

そこから延々とあるので省略しますが、

隣に続く部屋が、昭和な感じの空間で、昔の家のような作りなんです。

そこにおばあさんが住んでいて、ここでずっと隠れて暮らしていると言うんです。
この時のためにと。。。

西田敏行さんが出てきて、そこから屋上に出て、外の様子を見てくると言うので、
ドアを持ったりして、手伝うんですが、彼は足を滑らせ、危うく転落するところでした。

UFOは、僕たちを探してるような感じではなく、
ちゃくちゃくと進行する出来事を見守っている感じなのですが。。。

やっぱり、リアルなものをみると、ちょっと緊張します。

木枠の磨りガラスの窓を少し開けて、外の様子をうかがっているところで目覚めるのですが。。。


まあ、そんな夢です。

夢のディテールはどうでもいいのですが、

ポイントは、終末の大災害とUFOということです。

僕は、ハルマゲドン的な考え方は好きじゃないし、そういうのを煽ったり、
来るぞ〜、来るぞ〜というような話は、どうでもいいと思ってます。

地震だって、台風だって、災害は、来るときには来ます。

それに対して、生きる、生き延びるというよりも、
その出来事は、なぜ起こっているのかの方が大事だと思います。

なぜなら、人は、そのような出来事の中で、いろいろと本気で考えるようになるからです。
実際に、自分に降りかかる出来事によって、初めて自分や家族、仲間、地域のことを考えたりします。

本当は、そんな出来事なんてなくったって、
いつも、自らを見つめて、心の中に愛と平和な世界を実現していけばいい・・・

みんながそうであれば、世界は愛と平和に満ちるはずです。

でも、そうは行かなくて、このような出来事、自分に降りかかる出来事によって、
初めて深く考えるようになります。

と言うことは、みんなが、自らを省みて、自己探求するようになれば、災害は必要ない。

結局、悲劇的な出来事は、僕たちの心が創造し、自らの体験として、
現象化させてるとしか思えません。

すべては、マインドが先です。

自らの心を見つめ、愛と平和、喜びを生きれば、それを目指すことで、
いつも、愛、平和、喜びはそこにあります。

僕は、そんな世界を、自分の人生を生きたいと願い、祈ります。

だから、自己の内面的なドラマとして、夢としてそのようなリアルな状況を体験しているのかもしれない。

脳は、現実と想像の区別がつかないと言います。
同じように反応するのです。

そのフィードバックが、心を創造して行くのかもしれません。。。

これからも、まだまだUFOの夢を見るのでしょうか・・・笑

9月 25, 2011 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/52829235

この記事へのトラックバック一覧です: すごいリアルな夢を見た。。。:

コメント

私も良く色んな夢見ます。宇宙人のは今日初めて見ました…最初は夢って分かるくらぃ面白い夢でした。だって妖怪人間ベム達が出て来ましたから(笑)でも…そのあと夢なのにリアルに気持ち悪い、宇宙人が出てきました。最初怖いって思ってたはず。妖怪人間達も宇宙人に攻撃してたのに、次の瞬間には妖怪人間は地球では生きられないから、連れてってあげてと何故か声が出ないのに、懇願してました。その後、シーンは変わり妖怪人間はいなくて、私は手にスコップを持って走っていました。どこにかはわかりません。必死でした。途中猫が私を…スコップを襲うのですが、絶対に離しまぃと走ってました。スコップは…宇宙人から貰ったものだと何故か分かってました。その後はスコップを狙う者から必死に逃げて、ハッと目が覚めたら辺りは暗く、夜中の2時過ぎでした。夢と分かっていても、リアル過ぎる宇宙人と、直接宇宙人から貰った訳でもなぃだろうに、何故か宇宙人のスコップだと思えるのが、強く印象的でした。宇宙人の顔はぼんやり覚えてますが、絵に描けと言われても描けないくらぃ、怖いものです。「すごいリアルな夢をみた。。。」さんが見た夢よりもファンタジーな夢ですが、初めて宇宙人の夢を見たので、ぃろぃろ検索をしていたら、この記事(?)に目が止まり、失礼ながらもコメントさせて頂きました。宇宙人の夢って何故こんなにもミステリアスなのでしょぅか……

投稿: スコップ | 2011/12/31 12:52:53

コメントを書く