« 人生を楽しむと言うこと《アランの本から抜粋》 | トップページ | カラダが固い人にこそ、ヨガが向いてる »

2012年5月31日 (木)

批難しても自分は変わらない・・・

誰かを批難したくなるのは仕方の無いことかも知れない。

とても残念だけれど、ほとんどの人はいまだ達観しているわけではないのだ。

この世界に生きる人々の多くが、当然ながらネガティブな感情を持ち合わせている・・・

もちろん、僕もそうだ。

うっかりネガティブサイドに落ちて、批判のエネルギーがわき起こったりする。

でも、そうしたエネルギーがふっと上がってくると、
できる限り、自分を見つめる。なぜ、批判的なんだろうと。。。

誰かを、何かを批難したくなったら、一呼吸置いて、考えてみるのだ。

何が気に入らないのか? 何に不快を感じているのか?
何がために、自分はこんな気持ち、こんな気分になっているのか?
それが自分にどのような影響を与えているのか?
などなど・・・

誰か、何かを批難するというのは、それが自分よりもパワーを持っていると感じているからだろう。

自分よりも強い、何がしかの力を持っていて、それにはかなわないと感じている。
または、自分の力が及ばないところにあって、どうすることもできない。
それをどうにもコントロールできないもどかしさから、言葉によって批難する。
そうでなければ、暴力によって訴えるか。。。

例えば、政治や企業、または、著名人など、自分が直接関わりを持てないものに対して、
批難のエネルギーが出て来るのは、自分のコントロールが及ばないと感じているからだろう。
ましてや、暴力に訴えるわけにはいかない。

批難することで、共感者、同意者が現れると力が湧くし、
自分だけではなく、同じ考えや感覚を持った人が現れると自信がつく。
認められた感覚になる。

でも、問題は、なぜそのように感じているのかが重要だ。

批難したくなる感情の源泉とは?

人であれ、組織であれ、何であれ、
そこに、自分の中で満たされていないものが湧き上がる。

自分にはないのに、相手にある。
自分は持っていない、満たされてないのに、その人は持っている、満たされている。
その人は得している。自分は、得してないから=損をしている。
何であいつが、何であんなものが。。。

自分は上手くいってないのに、自分は正直にやっているのに。
これまでまじめにやってきて損をした。
世の中、上手くやったやつが結局得をする。

そんな思いが渦巻いたりする。

でも、それはすべて自分の心の中で起こっていること。

人なり、会社なり、世界なりに、自分の満たされていない部分が刺激されて、
そこに自分のネガティブな感情を投影してしまう。

その嫌な気持ちを払拭したい。取り去りたいために、批難する。
批難することで、その人、そのものよりも、上位に立ち、蔑む(さげすむ)ことで、
自分には価値がないと思い込んでいることへの傷つき体験をやわらげ、癒すことができる。

それによって傷つかなくていいし、相手を自分より低くみることで
自分を浮上させる。価値があると自分に言いたい、感じたいわけだ。

その人がそうなのは、その人の事情があり、状況がある。
その状況を知ること、理解することは難しいかもしれない。

相手に何があって、どんな状況なのか?
それが故に、そのようなことになっているわけだ。

誰かを、何かを批難する。
それは、自分の状況を自分で処理しきれないときに起こる。

批難や批判をするしないは、自分次第だけれど、
それによって傷つくのも自分だ。

批難しても、自分の状況は変わらない。
批難してネガティブなエネルギーが内に湧く方が体にも、心にも害がある。

批難したい感情、批判したい気持ちがわき上がってきたら、
そこに事情、状況があるということ

なぜ、自分は感情的になっているのか?
なぜ、批難したいのか?
自分はどういう結果を得られたら満足なのか?

そうした気持ちで自分を見つめてみれば、ネガティブな気持ちから少しでも開放され、
よりポジティブで、クリエイティブに問題を解決するイメージや表現が思いつくだろう。

相手や環境よりも自分が弱い存在だと思うところからの批難から、

自分は本来力強い存在で、相手を受け入れ、理解することができる。
出来事には事情や状況があって、思いやり、愛から見つめてみるとどうなのか
しっかりと考えて、それでも批難したいのかを
自分に問いかけてみるゆとりは欲しいものだと思う。

そうは言っても、僕もいろんな感情がわき起こる。

だからこそ、こんな視点を大切にしたいといつも思っている。。。

Hawaii_rainbow


5月 31, 2012 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/54841692

この記事へのトラックバック一覧です: 批難しても自分は変わらない・・・:

コメント

対談と共にブログ拝読させていただいております。
どうも俺は「規律」に行き過ぎても「混沌」に行き過ぎても苦悩してしまうので、
「ニュートラル」の状態を安定させるべく活用させていただいております、いつも本当にありがとうございます。

情報をシェアしに参りました。
「パワーか、フォースか」のデヴィッド・R・ホーキンズさんの本なのですが、
「<わたし> ―真実と主観性」という本があります。和田さんはご存知かもしれませんが、凄絶な本です。日本語です。
意識レベル999.8の本です。

まだ3分の1くらいしか読んでいないのですが、
「自分にとって本当に楽しいことは何か?」など、
深く洞察する機会が与えられました。
オススメです。

投稿: DJ_ELF | 2012/06/08 2:28:59

DJ_ELFさん

ありがとうございます!
「I」とても好きな本です。。。深いですよね〜!

僕がホーキンズ博士にインタビューしている記事はご存じですか?

http://www.questcafe.jp/interview/interview_vol015.html

今後ともよろしくお願いします!

投稿: Robin | 2012/06/08 7:48:05

初めましてG(菅沼)です。今日このサイトと出会いました!

私たちは中々非難することから離れられませんよね。これは自分を許せていないからだと言われています。

自分を完全に許せる人は、他人・世界・自分への非難・批判・否定から離れられるそうです。許すとは不完全を受け入れるということです。

人を非難すると、そのことを人のせいに出来ますし気分もいいのですが、自分の責任も放棄しちゃうので、自分の幸せも不幸せも他動的な(自分の力では達成できないと認めた)ものになってしまいます。

感情はちょっと別ですかね・・・僕は整体の仕事をしていますが、怒りにしろ、悲しみにしろ、ちゃんと感じて流してあげるのがいいです。ストレスの抑圧、怒りの抑圧、するとその開放されない感情エネルギーが身体にいつまでも残り悪さをします。

僕は輪廻を受け入れる者です。果てしない時を越えて、魂は色々な体験をしながら成長していくと思っています。たとえ幼いレベルであってもそこをちゃんと学習しないと次のステップには進めません。

非難したい人に出会っても、ああ自分もかつては同じステップで学んでいた時があったな・・・と思うようにしています。

頑張れ~!!って、その人を応援できる暖かい気持ちになれた時、声は掛けなくても僕たちは一つなんだという幸せな気持ちになれます。

クエストカフェもですがとても惹かれます!ゆっくり読みたいのでリンクさせてもらってもいいですか?

投稿: | 2012/06/10 20:20:54

コメントを書く