« 極限の運命を生きる力 | トップページ | UFOが登場する夢を見たことはありますか? »

2012年8月17日 (金)

力を抜くと相手が倒れてきてしまうという原理のお話

国家間の力学とはパワーバランスだそうです。

例えば、日本が外国に向けて押している力が弱まると
押し返されている国は、力加減を変えてなくても、
日本に力が傾いてしまうそうです。

子供が押しあっこして遊んでいて、片方の子がすっと力を抜くと、
相手が倒れかかって来るのと同じ原理みたいですね。

僕は、専門家ではないので、詳しくはわかりませんが、
直感的に掴んでいるお話しです。

何が言いたいかというと、いま、中国や韓国との領有権の問題でいろいろとありますが、

この原理からすると、中国がどうだ、韓国がどうだという話ではなく
日本の問題だということです。

ちゃんと日本が本来のテンションを保って、バランスを取っていたら
中国も、韓国もそれなりのバランスを持って外交できる。

日本が力を抜いてしまっているから、
彼らは日本に倒れ込まざるを得なくて、こちらに入ってきてしまうということです。

歴史を紐解けば、いろんな主張や議論があると思いますが、
僕は、ここはお互いにグレーゾーンで、
永久にどちらも領有権を主張できない場所にしてしまえばいいと思うのです。

そして、もし地下資源や海洋資源があって、それを利用したいなら、
お互いにきちんとした話し合いの場で、その資源の利用について平和的に話し合えばいいと思います。

でも、基本原則は、永久に触れない場所。
生態系にとっては楽園になるでしょう・・・

他国が権利を主張して、喧嘩を売ってきているとか、
日本の領土を盗もうとしているという発言や思いも、わからないではないけれど、
愛と豊かさの原理から見るならば、

日本はいまだ豊かなのではないでしょうか?

そして、穏やかに、平和的に物事を解決する寛容さと深い精神が文化のDNAにあるはずです。

いま、外国が日本への圧力をかけてくるのは、

かけてくるのではなく、日本の圧力が弱まっているから、かかってしまうということです。

でも、誤解しないでください。

これは、軍事的なパワーバランスのことではありません。

日本という国のテンション。
例えば、コマの回転が遅くなるとふらつくように、
高速で回転するコマは、しっかりとぶれずに立っています。

つまり、日本という国の回転力、そのようなある種の緊張感や
精神的な活力、国民一人ひとりが人生を積極的に生きようとする生命力のようなものが
何かとても弱くなっている。。。そのために、国家としてのパワーが弱まっている。。。

国は何をしているんだ!
総理は何をやっている!など、批判も多いですが、
やはりこれは、1人ひとりの集合無意識の表れです。

やはり、自分しかいないと思うのです。

いま、世の中ではいろんなことが起こっています。

いったいどうなっているんだ!?
これはおかしいんじゃないか!?
これは問題だぞ!

と許せない、怒りの感情や混乱を感じたら

自分はどう人生を生きているか?
日々をどう行動しているかを見つめてみるのはいかがでしょうか?


『世界には自分一人しかいない』


僕はこの考え方が好きです。。。

8月 17, 2012 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140307/55444660

この記事へのトラックバック一覧です: 力を抜くと相手が倒れてきてしまうという原理のお話:

コメント

コメントを書く